おすすめの恋愛映画

おすすめの恋愛映画のご紹介です。(ネタバレなし)

ほろ苦い切ない物語や、鑑賞後に温かい気持ちになれるものだったり、

コミカルで笑える作品やリアルすぎてとことん気持ちが沈む作品まで

色々な種類の恋愛を描いた映画を集めてみました。

あなたの恋のヒントや栄養になれば幸いです。

ゆっくりですが作品数を増やしていくのでよかったらブックマークして時々見に来てくださいね。

B!

『ワタシが私を見つけるまで』映画(ネタバレなし)-シングル女子の恋愛を描いた物語。

『ワタシが私を見つけるまで』

おすすめの恋愛映画
『ワタシが私を見つけるまで』のご紹介です。(ネタバレなし)
監督:クリスチャン・ディッター
脚本:アビー・コーン、マーク・シルヴァースタイン、デイナ・フォックス
原作:リズ・タシーロ
2016年公開
上映時間110分
【主なキャスト】
ダコタ・ジョンソン
レベル・ウィルソン
レスリー・マン
アリソン・ブリー

「ひとりな理由は聞かないで」
お一人さま女子必見の、幸せを模索するラブコメディ。

『アデライン 100年目の恋』映画(ネタバレなし)-不老の美女の苦悩と恋愛を綴った物語。

『アデライン 100年目の恋』

おすすめの恋愛映画
『アデライン 100年目の恋』のご紹介です。(ネタバレなし)
監督:リー・トランド・クリーガー
脚本:J・ミルズ・グッドロー、サルヴァドール・パスコウィッツ
2015年公開
上映時間112分
【主なキャスト】
ブレイク・ライヴリー
ミキール・ハースマン
ハリソン・フォード
エレン・バースティン

「永遠の秘密が、彼女にはあった」
永遠に歳をとらない体になってしまった女性の始まりと終わりを描いたラブストーリー。

『キャロル』映画(ネタバレなし)-華やかなファッションと映像美で飾る心揺さぶる恋愛物語。

キャロル

おすすめの恋愛映画
『キャロル』のご紹介です。(ネタバレなし)

監督:トッド・ヘインズ
脚本:フィリス・ナジー
原作:パトリシア・ハイスミス

2016年公開(日本)
上映時間118分
【主なキャスト】
ケイト・ブランシェット
ルーニー・マーラ
カイル・チャンドラー
サラ・ポールソン

「偽りの自分を捨て 走り出すふたり」
禁じられた愛を描いたカルト的人気小説を、50年代のファッションに身を包んだ豪華キャストと映像美で再現した感動作。

『アバウト・タイム』映画(ネタバレなし)‐家族愛や誠実な恋愛を描いた優しい物語。

アバウトタイム

おすすめの恋愛映画
『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』のご紹介です。(ネタバレなし)

監督:リチャード・カーティス
2014年公開(日本)、上映時間124分
【主要キャスト】
ドーナル・グリーソン
レイチェル・マクアダムス
ビル・ナイ
リンゼイ・ダンカン
リディア・ウィルソン

ラブコメ界の巨匠リチャード・カーティス監督の引退作!
鑑賞後に幸せな余韻に浸れる優しい物語です。

『ブルーバレンタイン』映画(ネタバレなし)‐リアルで切ない恋愛物語。

ブルーバレンタイン

おすすめの恋愛映画
『ブルーバレンタイン』のご紹介です。(ネタバレなし)

監督:デレク・シアンフランス
2011年公開(日本)、上映時間114分
【主なキャスト】
ライアン・ゴズリング
ミシェル・ウィリアムズ
フェイス・ワディッカ
マイク・ヴォーゲル

『永遠に変わらない愛なんて、ないの』
愛の始まりと終わりを描いたリアルな物語。

『ラブ・アゲイン』映画(ネタバレなし)‐おじさんがモテ男を目指す心温まる恋愛物語。

ラブアゲイン

おすすめの恋愛映画
『ラブ・アゲイン』(原題:Crazy,Stupid,Love.)のご紹介です。(ネタバレなし)

監督:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
2011年公開、上映時間117分
【主なキャスト】
スティーブ・カレル
ジュリアン・ムーア
ケヴィン・ベーコン
ライアン・ゴズリング
エマ・ストーン
アナリー・ティプトン
ジョナ・ボボ
マリサ・トメイ

モテ男になって別れた妻を見返そう!
冴えない中年男性役のスティーブ・カレルとナンパ師役のライアン・ゴズリングを筆頭に、実力派キャストたちによる心温まるラブコメディ。

『ラ・ラ・ランド』映画(ネタバレなし)‐曲も最高な極上の恋愛ミュージカル。

ララランド

おすすめの恋愛映画
『ラ・ラ・ランド』のご紹介です。(ネタバレなし)

監督:デミアン・チャゼル
2017年公開(日本)、上映時間128分
【主なキャスト】
ライアン・ゴズリング
エマ・ストーン

アカデミー賞最多6部門、ゴールデングローブ賞最多7部門受賞は伊達じゃない。
「あの時ああしていたら・・・」といった人生の「もし」を考えてしまう作品。