『ブルーバレンタイン』映画‐リアルで切ない恋愛物語。

ブルーバレンタイン

おすすめの恋愛映画『ブルーバレンタイン』のご紹介です。(ネタバレなし)

『永遠に変わらない愛なんて、ないの』

愛の始まりと終わりを描いたリアルな物語。

作品情報

監督:デレク・シアンフランス

2011年公開(日本)、上映時間114分

【主なキャスト】

ライアン・ゴズリング・・・ディーン

ミシェル・ウィリアムズ・・・ディーンの妻シンディ

フェイス・ワディッカ・・・シンディの娘フランキー

マイク・ヴォーゲル・・・シンディの元カレでフランキーの実の父親ボビー

『ブルーバレンタイン』のあらすじと感想

 

あらすじ
結婚7年目。

ペンキ屋として働くも向上心もなく朝から酒を飲む毎日を過ごすディーンと

病院で看護師として忙しい日々を送るシンディ。

あんなに愛し合った2人の関係は今では冷え込む一方。

ディーンはあの頃の2人に戻ろうとなんとかシンディを外に連れ出すのだが。。。

互いに愛し合っていた幸せな過去と破綻寸前の現在が交錯する

愛の始まりと終わりを描いた話題作。

 

予告動画です。※音量注意

 

 

先ほどの予告動画や作中で度々かかる

Penny & The Quartersによる『You and Me』の曲もさらに本作を味わい深くしています。

和訳の歌詞を少しだけご紹介。

 

君と僕 2人きり

他には誰もいらない

星もなく 月も輝かず

夕焼けを見られなくても

あなたの前では泣いたりしない

信じて 嘘はつかない

あなたと私

君と僕 2人きり

他には誰もいらない

 

恋が始まったばかりの気持ちを思い出させてくれる素敵な曲ですよね。

 

そんな名曲に彩られた

おすすめの恋愛映画『ブルーバレンタイン』の感想ですが

まず言えるのが、夫婦やカップルで一緒に観るような作品ではありません。

かなりの確率で気まずくなります(笑)

 

本作では過去と現在の映像が交互に流れるのですが

ライアン・ゴズリング扮するディーンは

過去はカッコいいのに

現在では結婚7年目にしてかなり髪の毛も薄くなっており、冴えない感じがバッチリ出ています。

あのヘアースタイルは

監督のデレク・シアンフランスを真似たそうですよ(笑)

 

ストーリーも物凄くリアルで

ディーンは

彼は彼なりに毎日同じような生活をしながら家族のために生きているのですが

仕事に一生懸命な奥さんのシンディから見れば

そんな彼が何も考えずに生きてるように見えたり、

他にも子供っぽい言動も色々と目立ちますから

イライラしたり愛情が冷めてしまうのも頷けます。

 

そんな感じですが

ディーンからの愛情も感じますし

娘の面倒も実の母親の自分よりもよく見てくれていたりと

悪気がない事は知っているのでモヤモヤして追い詰められてく気持ちだったり

「傷つけあう両親を見せたくない」

と離婚を切り出すシンディに対して

「俺は家族のために闘ってるだけだ」

と言ってどうしたらいいか教えてくれと泣きながら関係回復を訴えるディーンだったり

どっちが悪いといった感じでもなく

愛の終わりのやるせなさが見事に描かれています。

 

監督を務めたのはデレク・シアンフランス。

彼自身、両親の離婚を経験しており現在では妻と二人の子供をもつ父親で家族思いな人物としても知られているそうですよ。

そんな経験をしてきた彼だからこそ描けた作品なのかもしれませんね。

 

こんな人に特におすすめ

  • ライアン・ゴズリングの他の恋愛映画を観ている人
  • リアルな恋愛映画が観たい人
  • 恋愛経験がある人
  • 最近失恋した人
  • パートナーと倦怠期の人(一緒には観ない方がいいですし別れても責任はとれません)

 

ちなみにですが

本作のように

奥さんが夫に対しての愛情が冷めてしまうケースは多々あるらしく

Yahooで「夫」と検索してスペースを押して続く単語が「イライラ」「嫌いすぎる」だったり

他にも過激な単語が出てくるので結構衝撃です。

私も将来そう思ってしまわないことを願うばかりです。。。

 

最後に本作のネット上の評価をご紹介して締めさせていただきます。

『ブルーバレンタイン』の評価

などなど

ネットで調べると他にも色々な意見があり

早川書房さんなんて公式のTwitterで

バレンタインデーにカップルにおすすめの作品として紹介しています。(笑)

今回、おすすめの恋愛映画『ブルーバレンタイン』をご紹介させていただきましたが、

もし少しでも興味が湧いたら是非ご自身の目で映画をご覧になられてくださいね。

ちなみにライアン・ゴズリングはこちらの作品でも出演しています。

ララランド

『ラ・ラ・ランド』映画‐曲も最高な極上の恋愛ミュージカル。

2019年1月18日
ラブアゲイン

『ラブ・アゲイン』映画‐Crazy,Stupid,Love.な恋愛物語。

2019年1月19日

本作とはまた違った彼が観れるのでおすすめです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめのアクション映画
おすすめのサスペンス映画
おすすめのヒューマンドラマ映画
おすすめのファンタジー映画
おすすめの恋愛映画
ジブリ映画