『プラダを着た悪魔』映画‐曲も素敵で元気が出るヒューマンドラマ。

プラダを着た悪魔

おすすめのヒューマンドラマ映画『プラダを着た悪魔』のご紹介です。(ネタバレなし)

恋に仕事にがんばる女子必見!

観ると元気が出ること間違いなし。

普通の女の子が手にした仕事は悪魔のような上司のアシスタントだった。。。

ストーリーはもちろん曲も素敵で何度も観たくなるバイブル的名作!

作品情報

監督:デイビッド・フランケル

2006年公開、上映時間110分

【主要キャスト】

アン・ハサウェイ・・・ジャーナリスト志望の普通の女の子アンディ

メリル・ストリープ・・・ファッション誌『ランウェイ』のカリスマ編集長ミランダ

エミリー・ブラント・・・ミランダのアシスタントを務めるエミリー

スタンリー・トゥッチ・・・『ランウェイ』の男性社員ナイジェル

サイモン・ベイカー・・・有名ライターの色男クリスチャン・トンプソン

『プラダを着た悪魔』の曲とあらすじ

 

本作の見どころの一つでもあるのが全編で所々流れる素敵な曲です。

中でも私が個人的にいいなと思ったのが、まずはOPで流れるこちら。

KT Tunstall(ケイティー・タンストール)による

『Suddenly I See』の公式MVです。※音量注意

 

 

KT Tunstallはスコットランドのシンガーソングライターでこの『Suddenly I See』はアメリカの人気ドラマ『アグリー・ベティ』の主題歌にも使われています。

歌詞の意味ですがサビの一部分だけ和訳をご紹介しますと

突然わかったの

これが私のなりたいもの

突然わかったの

どうしてそれが私にとって大事なことなのか

 

実際に映画を観ていただければわかるのですが、まさに本作のテーマにピッタリの歌詞となっています。

こちらがあらすじです。

 

あらすじ
ファッションに無頓着なアンディが手にした仕事は、なんと超一流ファッション誌のカリスマ編集長ミランダのアシスタント。

メモをとる余裕もないくらいに用件をまくしたて、無理難題を命令する悪魔のようなミランダにアンディはついていけるのか?

仕事で忙殺されるアンディに恋人や友達もどん引きで私生活崩壊の危機!

最後に彼女が見つけた自分らしさとは?

働く女性のあるあるを詰め込んだ共感必至のストーリー。

 

本編の冒頭シーン3分弱を少しだけご紹介。

 

 

それと

セオドア・シャピロによる、この映画のためだけに作られた『Christian And Andrea』もロマンティックな雰囲気で素敵です。

他にもMadonna(マドンナ)の『Jump』

 

 

『Vogue』

 

 

Alanis Morissette(アラニス・モリセット)の『crazy』

 

 

などなど

様々な魅力的な曲で物語が彩られているので、観ているだけで楽しい気分になってきます!

 

おすすめのヒューマンドラマ映画『プラダを着た悪魔』の感想ですが

「私もがんばろう!」とやる気を引き出しくれて何度も観たいと思わせてくれます。

 

カリスマ編集長で絶対的な権力者でもあるミランダの仕打ちも酷いけど、実はアンディも最初の頃はファッションの仕事を長く続けるつもりはないと堂々と言っちゃう良くも悪くも正直な子。

そんな彼女がファッションに目覚め、どんどん出来る子になっていくのは観ていて楽しい。

主役の二人だけでなく、先輩アシスタントのエミリー(エミリー・ブラント)やゲイの男性社員のナイジェル(スタンリー・トゥッチ)といった他のキャラクターも素敵。

 

監督のデイビッド・フランケルと衣装を担当した一流スタイリストのパトリシア・フィールドは、アラサー独身女性の生活をコミカルに描いた大ヒットドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』を手掛けた名タッグ。

そんな二人が再び手掛けた今作はまさにゴージャスでオシャレ。

そしてなにより凄いのがアカデミー賞、ゴールデングローブ賞で史上最多記録を持つレジェンド的女優メリル・ストリープの演技力。

悪魔のような上司を演じる彼女が時折り見せる繊細さも必見です!

 

ネット上の評価がこちら。

などなど

他にも調べてみると多くの人達が繰り返し観ているようです。

 

こんな人に特におすすめ

  • 最近なんかお疲れ気味
  • 仕事とプライベートの両立に悩んでいる
  • 楽しい気分になれる映画を観たい
  • オシャレに興味がある

豆知識

  • 本作での衣装代は1億円以上。
  • 原作は世界27カ国翻訳の大ベストセラー。
  • 原作者のローレン・ワイズバーガーは一流ファッション紙『VOGUE』(ヴォーグ)の編集長アシスタントの経験がある。
  • ミランダのモデルはVOGUEの編集長で氷の女帝の異名を持つアナ・ウィンター。
  • メリル・ストリープはミランダを演じるにあたり、クリント・イーストウッドのささやくような話し方を真似した。
  • ゲイの男性社員を演じたスタンリー・トゥッチは後に、先輩アシスタント役のエミリー・ブラントの姉と結婚する。

 

ちなみに先輩アシスタントを演じたエミリー・ブラントは

後に本作の映画キャラのままVOGUEでインタビューを受けてますよ。

こちらがその動画です。彼女自身のことも知れますし本作の小ネタも入っててファン必見です!

 

 

最後に本作の続編についてご紹介して締めさせていただきます。

『プラダを着た悪魔』の続編

 

原作では続編もすでに発売されており、今度は先輩アシスタントのエミリーが主役です。

彼女がミランダの元を離れて、今度はハリウッドセレブのイメージコンサルタントとして奔走する様子が描かれているようです。

 

原題は『When Life Gives You Lululemons』

題名を和訳すると「ルルレモンをもらったらどうする?」という意味で、「人生でレモンをもらったらレモネードを作れ」というネガティブな事をポジティブに変える、英語のことわざをもじっているんだとか。

ただのレモンじゃ面白くないから、オシャレなヨガウェアのブランド『ルルレモン』にしてるみたいですよ。

洋書としては普通に売られてましたが、日本語版はまだ発売されていないようです(2019年7月5日時点)

 

エミリーを演じたエミリー・ブラントはこの続編の映画化について

「みんながやりたいと思うのなら、クールよね。そうなればやりたいわ」

と発言していますから、ちょっと期待しちゃいますよね。

 

今回、おすすめのヒューマンドラマ映画『プラダを着た悪魔』をご紹介させていただきましたが

是非ご自身の目で映画をご覧になられてくださいね。

素敵なストーリーと曲で観るときっと元気になれると思います。

それと彼女はこちらの『オール・ユー・ニード・イズ・キル』にも出演しています。

オールユーニードイズキル

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』映画‐タイムループアクションの傑作!

2018年12月28日

戦場の英雄の役ですから、また本作とは違った彼女が観れますよ。

予想以上に面白かった作品なのでおすすめです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめのアクション映画
おすすめのサスペンス映画
おすすめのヒューマンドラマ映画
おすすめのファンタジー映画
おすすめの恋愛映画
ジブリ映画