『メカニック』映画(ネタバレなし)‐ハードボイルドな男のアクション!

メカニック

おすすめのアクション映画『メカニック』のご紹介です。(ネタバレなし)

凄腕の殺し屋をジェイソン・ステイサムが演じたハードボイルドな作品。

「周到な準備が勝利を招く」

そんなゴルゴ13顔負けの孤独な殺し屋と弟子の物語。

作品情報
メカニック 監督
サイモン・ウェスト
脚本・原作
ルイス・ジョン・カリーノ
リチャード・ウェンク
原案
ルイス・ジョン・カリーノ
公開
2011年
上映時間
93分
主なキャスト
ジェイソン・ステイサム 凄腕の殺し屋(通称、メカニック)アーサー
ドナルド・サザーランド アーサーの友人でもあり師匠ハリー
ベン・フォスター ハリーの息子スティーブ
トニー・ゴールドウィン 雇い主のディーン



『メカニック』の感想・あらすじ

あらすじ

凄腕の殺し屋アーサーは親友の息子スティーブを弟子にすることを決断する。

スティーブの目的は父親を殺した相手を見つけ出し仇をとること。

疑惑。裏切り。死んだはずの男との再会。。。

孤独な殺し屋が最後に下した決断とは?

男臭いハードボイルドの傑作。

予告動画です。

 

宅配レンタルで今すぐ借りる↓

カッコよさはステイサム史上No.1

おすすめのアクション映画『メカニック』ですがとにかく主人公や雰囲気がカッコいい映画です。

ストーリー的にツッコミ所は多少ありますが、個人的には凄く好きです!

監督は過去に『コン・エアー』や『トゥームレイダー』を手掛けたサイモン・ウエスト。

本作は1972年のチャールズ・ブロンソン主演の同名映画『メカニック』のリメイク作品です。

見事なアクションを魅せた俳優陣

主演は、世界一カッコいいハゲことジェイソン・ステイサム。

冷静沈着でいつでもブレない完璧な男、アーサーをクールに演じています。

完璧な殺し屋を演じるステイサム↓(画像は続編の一コマです)

彼の作品が好きなら観て損はない作品です!

ちなみに彼が悪役を演じている『セルラー』も名作なのでぜひご覧ください。

そして彼の弟子スティーブを演じるのは、実力派俳優ベン・フォスター。

アーサーとは対照的に、どこか危なげで不安定な役柄を見事に熱演しています。

彼のアクションも非常に見所です!

特に作中の初仕事の場面や、その後の銃さばきは必見。

彼は軽い高所恐怖症ながら、撮影ではスタントなしで自ら高さ約100mのビルからワイヤー一本で飛び降りたそうですよ。

さすがプロです!

また、二人とも表情で感情を表すのが上手い。

言葉の裏に隠された感情や過去の発言の意味など一見見落としがちな伏線にも注目。

原作はさらに渋い

ちなみに原作のチャールズ・ブロンソン主演の方は、ストーリーは概ね一緒ですがキャラクターの性格が少し違ってます。

本作よりも少しハードボイルドな感じに仕上がっているので気になった方はこちらもご覧になられてくださいね。

元水泳選手のステイサム

現在はアクション俳優として大人気のジェイソン・ステイサムですが、

実は彼、若い頃は水泳の飛込み競技の選手でした。

こちらが当時の映像です。(アメリカのTV番組内での過去映像)

 
今と違って髪がありますが、ハゲてる今のほうが断然カッコいい(笑)

彼は自身の頭髪に関してこうコメントしています。

「俺は、自分がハゲだってことを神に感謝しているぜ。」

「そもそもこの俺に、頭の毛なんて似合わねえ。」

男らしすぎます!(笑)

そんな彼は、『ワイルド・スピード』シリーズでも大活躍です。

最初は悪役として登場したのですが、その人気ぶりからスピンオフ作品まで作られちゃってます。

女性はほとんど登場せず甘さゼロ!

それと女性はスウェーデン出身のモデル兼女優のミニ・アンデンが少し登場するだけで、他はほぼいない男くさい作品です。

こちらがミニ・アンデン、まさにモデルって感じです。

なので

甘さゼロで好きな人にはたまらないハードボイルドな作風になっています。

こんな人に特におすすめ

  • ジェイソン・ステイサムが好き
  • 登場人物がカッコいい映画が好き
  • あまり深く考えず単純に映画を楽しみたい
  • 上映時間が約1時間30分なのでサクッと楽しみたい

 

『メカニック』の評価

ネットで調べると他にも良かったという声が沢山見受けられました。

個人的にも超おすすめです!

ぜひ、あなたも『メカニック』を楽しまれてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブックマークしてくれるとうれしいです

あなたのレビューを読者に届けよう!

自由な文章で短文ok!

※レビュー反映には少し時間がかかります

WRITERこの記事をかいた人

『おすすめ映画メモ』編集長のエリです。 評論家ではないので難しいことは気にせずに気楽な感じで楽しんでいってくださいね。