『グッド・ウィル・ハンティング』映画‐心の傷を癒してくれる感動のヒューマンドラマ。

グッドウィルハンティング

おすすめのヒューマンドラマ映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のご紹介です。(ネタバレなし)

アカデミー賞、ゴールデングローブ賞受賞!

きっとあなたも爽やかな感動に包まれる。

まだ無名のマット・デイモンとベン・アフレックが脚本を執筆した不朽の名作。

作品情報
監督
ガス・ヴァン・サント
脚本
マット・デイモン
ベン・アフレック
公開
1998年(日本)
上映時間
127分
主なキャスト
マット・デイモン 素行が悪い天才青年ウィル
ベン・アフレック ウィルの親友で家族同然のチャッキー
ミニー・ドライヴァー ウィルの彼女スカイラー
ロビン・ウィリアムズ 心理学の講師ショーン
ステラン・スカルスガルド 有名な数学学者ジェラルド・ランボー

『グッド・ウィル・ハンティング』の感想・あらすじ

あらすじ

主人公のウィルは驚異の記憶力を持つ数学の天才。

そんな彼だが素行が悪く、挙句の果てにはケンカで逮捕。

保釈の条件は、その頭脳を活かし数学学者ジェラルドの手伝いとカウンセリングを受けること。

カウンセリングの先生としてあらわれた、ショーンとの出会いが、ウィルを少しずつ変えていく。。。

トラウマを抱えながら他人を傷つけて生きるウィルと、過去の思い出にすがって生きるショーン。

二人の出会いの結末は?

映画好きなら観て損はない感動の名作。

予告動画です。(字幕なしですが雰囲気がわかると思います)

タイトルの意味

おすすめのヒューマンドラマ映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』ですが誰にでも自信をもっておすすめ出来る感動の名作だと思います。

でも途中、下ネタジョークも少しあるのでそこは要注意(笑)

タイトルの『グッド・ウィル・ハンティング』の意味は2つあると言われています。

1つは主人公の名前の「ウィル・ハンティング」にグッド(優秀な、良い)をつけている。

もう1つは「Good will」(善意)を「Hunting」(探す、求める)。

主人公ウィルの心情にピッタリあったタイトルなので、ぜひこのことを頭の片隅にいれて鑑賞してくださいね。

大スターが無名時代に書いた脚本

監督は小説やMVの撮影など幅広く活動するガス・ヴァン・サント。

そしてなんといっても注目なのが、脚本を書いたのがマット・デイモンとベン・アフレックという点。

今でこそ2人ともハリウッドの大スターですが、幼馴染の彼らがまだ無名時代に書き上げたのが本作です

二人は実生活でも親友なんだとか。

「処女作にはその作家の全てが詰まっている」と言われますし、1992年に書き上げて実際に映画化されるまで、数年かかったまさに悲願の作品。

彼らは、この脚本を映画化するにあたって、いくつもの製作スタジオに脚本を持ち込んだのですが、その時の方法がまたユニークです。

製作スタジオのやる気を試すために、物語の途中でいきなり彼ら男2人の濃厚な絡みの描写を付け加えたんだとか(笑)

多くの製作スタジオが、脚本をまともに読んでいなかったため、その描写について聞いてこなかったそうですよ。

唯一質問してきたのが、ミラマックス社のハーベイ・ワインスタインだったので、彼らはミラマックス社と契約を結びます。

そんな本作ですが

ストーリーも中だるみすることなく飽きずに楽しめます。

また、伏線というか、相手に言った酷いことが実はそのままブーメランで自分にも当てはまっていたことを気づかされたりする点も注目です。

繊細な演技に圧巻

とにかくロビン・ウィリアムズの演技が凄い!

あらすじで触れたように、彼は過去の思い出にすがって生きるカウンセラーの役を演じているのですが、その心を見事に表現しています。

実際にロビン・ウィリアムズは、この作品に出演する前の数年間アルコールに溺れドラッグ中毒を経験しています。

それに、後に63歳という若さで自ら命を絶ってしまったという事実を考えると、本作での繊細な演技は彼の素なんじゃないか?とも思えてしまいます。

補足
自殺の原因は、「認知症に悩まされていたのでは?」とか色々と言われていますが、彼の娘は「憶測では原因を語れない」と発言しています。

そんな彼の遺作でもありアカデミー助演男優賞に輝いた作品ですから、ぜひご覧になってほしいです。

脇を固める実力俳優

主人公たち以外の俳優さんたちもすごく素敵です。

主人公ウィルの彼女役のミニー・ドライヴァーも、頭の良さとユーモアを兼ね備えたキャラにピッタリ。

綺麗すぎないでリアル感のある良い感じのルックスで、内面の魅力にあふれた女性を見事に演じています。

嫌われるのが怖くて嘘ばかりついてしまうウィルと、ありのままの彼を理解したい彼女による二人の恋愛模様も必見。

大学教授役のステラン・スカルスガルドも上手くてさすがといった感じです。

また、ベン・アフレックの実の弟ケーシー・アフレックも主人公の友人役として出演しています。

ちなみに、このケーシー・アフレックのセリフはほとんどアドリブなんだとか。

こんな人に特におすすめ

  • 爽やかな感動を味わいたい
  • 有名な名作を観ておきたい
  • 新しいことを始めようか悩んでいる
  • 恋愛で悩んでいる

 

『グッド・ウィル・ハンティング』の評価

本作のネット上の評価がこちら。

などなど

ネットで調べると他にも多くの方が絶賛されています。

今回、おすすめのヒューマンドラマ映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』をご紹介させていただきました。

もし少しでも興味が湧いたら是非ご自身の目で映画をご覧になられてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブックマークしてくれるとうれしいです

WRITERこの記事をかいた人

『おすすめ映画メモ』編集長のエリです。 評論家ではないので難しいことは気にせずに気楽な感じで楽しんでいってくださいね。