『スリーパーズ』映画‐実話かフィクションか物議を醸した大ヒットサスペンス。

スリーパーズ

おすすめのサスペンス映画『スリーパーズ』のご紹介です。(ネタバレなし)

「復讐ーそれは血よりも濃い友情のあかし」

全米ベストセラー小説を原作に、実話かフィクションか物議を醸した衝撃作。

作品情報

監督:バリー・レヴィンソン

原作:ロレンゾ・カルカテラ

1997年公開(日本)、上映時間147分

【主なキャスト】

・幼馴染の4人

ジェイソン・パトリック・・・原作者のロレンゾ・カルカテラ(本作ではシェイクスという名前)

ブラッド・ピット・・・マイケル

ロン・エルダード・・・ジョン

ビリー・クラダップ・・・トミー

・その他の主要登場人物

ケヴィン・ベーコン・・・少年院で子供たちに虐待を繰り返す看守ノークス

ロバート・デ・ニーロ・・・元ワルだが今は更生して真面目に生きているボビー神父(幼馴染4人を少年時代から気にかけている存在)

ダスティン・ホフマン・・・ダニー・スナイダー弁護士

ミニー・ドライヴァー・・・幼馴染4人と同世代で少年時代から仲の良い女性キャロル

『スリーパーズ』は実話?あらすじと感想

 

結論から言うと

おすすめのサスペンス映画『スリーパーズ』が実話なのかどうかハッキリとしたことはわかっていません。

 

なぜハッキリわからないのか?

 

まずは本作のあらすじをご覧ください。

 

あらすじ
舞台は法律よりもマフィアの掟が重要な街ヘルズキッチン。

物語はそんな街で育った幼馴染4人の少年時代から始まる。

決して恵まれた環境ではなかったが彼らはいつも一緒で楽しく毎日を過ごしていた。

ある夏の暑い日

彼らはイタズラが原因で少年院に入ることになってしまい

そこから彼らの地獄のような日々が始まる。。。

時はたち、それぞれ大人へ。

ある晩

レストランでジョンとトミーは見覚えのある男を見つけてしまう。

その男とは少年院で自分達を虐待し続けた看守のノークスだった。。。

記者のシェイクス

検事のマイケル

殺し屋のジョンとトミー

大人になってそれぞれ違う道を選んだ彼らの復讐と友情の物語が幕を開ける。

 

『スリーパーズ』が実話なのかという点に話を戻しますが

この物語は

「これは血より濃い友情の実話である」という言葉から始まり

原作者のロレンゾ・カルカテラは

自身の体験を綴った実話の物語だと公言しています。

 

しかし

 

ニューヨーク州青少年矯正機関は

本作のような環境の少年院は存在しないと真向から否定しており

マンハッタン地区検察局も

本作で描かれたような事件及び裁判はなかったと断言しているとのことです。

 

これに対し

ロレンゾ・カルカテラは氏名、年代、場所を変えているだけだと真向から反論しているので真実がよくわからない状況です。

 

仮に本当だとしても

ニューヨーク州青少年矯正機関は認めるわけにはいかないでしょうし

他にも色々な問題が出てきますし

時代的にも昔でしたら

実際に悪い看守もいるでしょうから、あり得そうな話ではありますが

どうなんでしょう?

 

結局真相はわからないままなのですが

仮にフィクションだとしても凄く良かったと私は思いました。

映画では147分のうち約60分が主人公たちの少年時代を描いているのですが

原作の方はより少年時代を詳しく描いているので

かなり感情移入できるそうですよ。

 

それとこの物語は

復讐の物語でもあるのですが

銃撃戦やグロいのはなくて

ある裁判を通してのインテリな復讐ですので派手な感じは期待しないでくださいね。

 

ちなみに

主人公たちの出身地である

ヘルズ・キッチンは

名前からして悪そうで漫画とかにも出てきそうな響きですが

実際にニューヨークのマンハッタンにある地区で

昔はギャングなどの影響で「アメリカ大陸で最も危険な地域」と呼ばれていたそうですよ。

 

現在は立地の良さから

高級エリアになっているとのことです。

 

アル・パチーノやシルヴェスター・スタローンもこのヘルズ・キッチン出身らしいですね。

 

こんな人に特におすすめ

  • 復讐の物語が好きな人
  • 友情を大切にしたいと思っている人
  • モンテ・クリスト伯が好きな人
  • 少年院の経験がある人

 

最後に本作のネット上の評価をご紹介して締めさせていただきます。

『スリーパーズ』の評価

などなど

ネットで調べると他にも

みなさん名作だという声が多かったです。

今回、おすすめのサスペンス映画『スリーパーズ』をご紹介させていただきましたが、

もし少しでも興味が湧いたら是非ご自身の目で映画をご覧になられてくださいね。

 

ちなみにタイトルの意味は

俗語で「少年院あがり」という意味らしいですよ。

少年たちの変わらない友情とラストの結末は

きっとあなたの心に残ると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめのアクション映画
おすすめのサスペンス映画
おすすめのヒューマンドラマ映画
おすすめのファンタジー映画
おすすめの恋愛映画
ジブリ映画