『ビッグ・フィッシュ』映画‐おとぎ話のような親子の絆のファンタジー。

ビッグフィッシュ

おすすめのファンタジー映画『ビッグ・フィッシュ』のご紹介です。(ネタバレなし)

おとぎ話のような話は本当だった?

ダニエル・ウォレスのベストセラー小説を原作に

ある男の人生をファンタジー風に描いた、ティム・バートン監督の傑作。

作品情報

監督:ティム・バートン

2004年公開(日本)、上映時間125分

【主なキャスト】

アルバート・フィニー・・・余命いくばくもないエドワード

ジェシカ・ラング・・・エドワードの妻サンドラ

ユアン・マクレガー・・・エドワードの若い頃(回想シーン)

アリソン・ローマン・・・サンドラの若い頃(回想シーン)

ビリー・クラダップ・・・息子のウィル

『ビッグ・フィッシュ』のあらすじと感想

 

あらすじ
エドワードはいつも嘘のような楽しい話でみんなを笑わしていた。

しかしある日、それが原因で息子のウィルは怒って彼と絶縁状態に。

そして時は流れ

いつしかエドワードは病に倒れてしまう。

わずかな時間しか残されていない父の人生を振りかえるウィルは、次第にある事実に気づくことになる。

後にミュージカルとしても公演され

多くの人達に愛された心温まる感動の物語。

 

おすすめのファンタジー映画『ビッグ・フィッシュ』の感想ですが

魔女や巨人、腰から上の胴体が2人の双子の女性など

まさにファンタジーっぽいキャラクターも登場するので

ワクワクしながら観れるのと

全体的に優しい雰囲気で悪者もいないので鑑賞後は清々しくて温かい気分になれました。

 

ユアン・マクレガー扮する

本作の主人公のエドワードは社交性が服を着ているような存在で

みんなから愛されて人気者の

まさに好青年という感じをユアン・マクレガーがバッチリ演じています。

 

普段あまり社交的じゃない私から見たら

もうちょっと社交的に生きてみようかなと思わせてもくれました(笑)

 

ちなみに

監督を務めたティム・バートン本人は

若い頃にウォルト・ディズニーでアニメーション実習生として雇われていた頃は

無口で人付き合いが苦手で

同僚たちからは口がきけないと思われていたそうですよ。

 

エドワードとはまるで真逆の人間なので

そんな彼だからこそ、この原作を映画化しようと思ったのかもしれませんね。

 

それに

親子が和解していくのも感動的で見どころです。

 

考えてみると親にも若い頃があったわけで

自分の親の人生がどうだったのかという点を考えると、ちょっと切なくもなります。

 

きっと人それぞれ、そういう事を考えるキッカケをこの映画が与えてくれると思います。

 

ちなみに本作で

エドワードが奥さんのサンドラに家をプレゼントするのですが

実際にこの家は今も存在しているようですよ。

こちらが作中の映像です

 

 

そしてこちらがアラバマ州の片田舎ウェトゥンプカにある現実の家です

 

 

他にも上で紹介した本編映像で登場したスペクターという村も

実際に、ウェトゥンプカの近くにある島で撮影され

2015年3月のGoogleマップの映像では村が存在していました。

こちらがそのGoogleマップです

 

 

上の地図の【拡大地図を表示】をクリックすると別タブで詳しい地図が開きますから

そこからストリートビューで見ることもできます。

 

こんな感じで映画のセットがまだ残っているのも、ファンにとってはなんか嬉しいですよね。

他にも

本作はミュージカルとしてもブロードウェイなどで上演された後に

日本でも上演されています。

川平慈英さんや霧矢大夢さん

浦井健治さん、赤根那奈さん、鈴木蘭々さん、などなど

これらの方々が演じており

2017年の初公演に続き、2019年の11月にも少しキャストが変わりますが上演が決定しています。

こんな感じです(2017年バージョン)

 

2回も行われるというのは

それだけファンが多くてミュージカルはもちろんのこと映画自体も素晴らしかったということなのでしょうね。

 

こんな人に特におすすめ

  • 優しいファンタジーを観たい
  • 親との関係がちょっとギクシャクしている
  • 温かい感動を味わいたい人
  • おしゃべりな人
  • 営業職の人

 

最後に本作のネット上の評価をご紹介して締めさせていただきます。

『ビッグ・フィッシュ』の評価

などなど

他にもネットで調べると感動したという声が多かったです。

今回、おすすめのファンタジー映画『ビッグ・フィッシュ』をご紹介させていただきましたが、

もし少しでも興味が湧いたら是非ご自身の目で映画をご覧になられてくださいね。

それと本作に出演したユアン・マクレガーはこちらの『プーと大人になった僕』にも出演しています。

プーと大人になった僕

『プーと大人になった僕』‐大人必見の優しさに溢れたファンタジー。

プーさんたち100エーカーの森の仲間たちが

とにかく可愛らしくて、忙しい日々をおくる大人にこそ観て欲しい物語となっています。

他にも若き日のサンドラを演じたアリソン・ローマンも

こちらの『マッチスティック・メン』に出演しています。

マッチスティックメン

『マッチスティック・メン』映画‐詐欺師の父娘を描いたハートフルなサスペンス。

当時23歳で14歳の少女を演じていますから本当凄いです。

よかったらこれらの作品もチェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事のライター

『おすすめ映画メモ』編集長のエリです。 評論家ではないので難しいことは気にせずに気楽な感じで楽しんでいってくださいね。
関連記事
おすすめのアクション映画
おすすめのサスペンス映画
おすすめのヒューマンドラマ映画
おすすめのファンタジー映画
おすすめの恋愛映画
ジブリ映画