『シックス・センス』映画-伏線たっぷりのメガヒットサスペンス。

シックス・センス

おすすめのサスペンス映画『シックス・センス』のご紹介です。(ネタバレなし)

2度、3度楽しめること間違いなし!

M・ナイト・シャマラン監督の名を一躍有名にし、当時の世間に衝撃を与えたメガヒット作。

補足
本作はホラーと表記されていることもあります。
作品情報
監督・脚本
M・ナイト・シャマラン
公開
1999年
上映時間
107分
主なキャスト
ブルース・ウィリス 小児精神科医のマルコム
オリヴィア・ウィリアムズ マルコムの妻アンナ
ドニー・ウォルバーグ マルコムの元患者
ハーレイ・ジョエル・オスメント 死者が見えてしまうことに苦悩する少年コール
トニ・コレット コールの母親

『シックス・センス』のあらすじと見どころ

あらすじ

ある日、小児精神科医のマルコムの家に男が侵入する。

男の名はヴィンセント

彼はマルコムの元患者で、人生に絶望しその場で自ら命を絶ってしまう。

助けられなかったことを悔やむマルコム。

この事件を境に、マルコムは妻のアンナとの関係も変わり、すれ違いの日々が続いてしまう。

そんな中、出会ったのが霊がみえることに苦悩する9歳の少年コール。

マルコムは救えなかったヴィンセントとコールを重ねて、彼を助けると決意するのだった。

こちらが予告動画です。(字幕なしですが雰囲気は伝わると思います)

 

『シックス・センス』はどんな映画

まぁ~今まで数々のサスペンスやホラーは観てきたつもりですが。

とにかく“てんこ盛りの伏線”が張り巡らされていて、おもろ怖い映画でした!

ぶっちゃけ、もう3回は観てますが、あらためて観てもやっぱ楽しめる作品でした!

今回は本作をネタバレなしで紹介していきたいと思いますので、お付き合いくださいませ。

子役のハーレイはアカデミー助演男優賞ノミネート

誰かとこの映画を語るときには、必ずといっていいほど、まず主役級(コール)の子役ハーレイが話題になりますね!

とにかく顔が可愛くて

近所で見つけたら、ついつい頭ナデナデしたくなるほどの可愛さです

本作では笑顔はあまり…というかまったく見れないけど、あの寂しげで悲しげで、なにかを秘めたような表情がたまりません!

主役のブルース・ウィリスとの息もピッタリで、あんな大御所と難なく対等にやり合うんですから、ホンマに立派!

当時11歳の彼は、オーディション会場へネクタイ着用で現れ、自分のセリフの部分だけでなく脚本自体を3回も読んでいてシャマラン監督を驚かせたんだとか!

ママ役のトニ・コレットも「子役なんて思えない!熟練したプロの役者みたいだったわ」とハーレイを絶賛。

彼の演技力は、現場の大人も見惚れちゃうほどすごかったんですね。

そんなホメられっぱのハーレイは、4歳から俳優として仕事していまして、デビュー作品は『フォレスト・ガンプ/一期一会』(ガンプの息子)

これまたすごい名作!

また、待ち時間には壁に向かって1人テニスをして遊んでいたそうですよ。

やっぱり11歳の子供だなぁと思えるところがあって、おばちゃんは安心したっ!笑

彼の現在について知りたい人はこちらの記事もどうぞ!

『シックス・センス』の子役の現在

『シックス・センス』の子役の現在は?ハーレイの今に驚き!

2000年のレンタル数No.1

本作の元々は実は、殺人事件のストーリーだったんです。

しかもあの名作『羊たちの沈黙』の影響をうけた内容で、マルコムは犯罪現場の写真家という設定。

これはこれで観てみたいとも思いますが…

ハーレイの”悲しげ”は保たれてるの?

これだけが心配…。笑

そして、本作がメガヒットした理由ですが、1990年代当時の映画背景が関係するのではと言われています。

当時はゴーストを取り上げた有名作品が1990年『ゴースト/ニューヨークの幻』や1995年『キャスパー』しかなかったため、ゴーストが見える少年といった本作の設定が新鮮でこれがヒットの大きな要因なんだとか。

またビックリなのが、2000年で最もレンタルされたVHS(ビデオ)が本作なんだって!

そう!あのガッチャン出しするVHS!

ホコリ除去のために、フーフー息を吹き掛けたりしていた、あのVHS!

(ちなみにデッキを捨ててしまって…めちゃ後悔しとります泣)

あの頃は、見放題サブスクなんてなかったし、TSUTAYAさんで借りるしかなく、そこで最もレンタルされたなんて、ホンマすげぇーーー

意外と気づかない絶妙な伏線

冒頭でも伏線のこと言ってますが、ホント伏線だらけの作品で、ヒント探しも醍醐味の一つ。

しかし、プロデューサーのフランクはある有名なシーンで「ヒントが多いとマズイんじゃね?」と心配します。

そのシーンはメディアにも一番取り上げられ、本作への興味をグ~ッと引き上げる、効果絶大なワンカットです!

でも実際に観客に見せたところ、まったくバレなくて、NO変更でOKだったんだとか。

ま、ワタシもその客の1人ですがナニカ?ですわ笑

演者を襲った怪現象とこだわり

そしてそして、やっぱりな?と思える話も。

ハーレイのママ役、トニ・コレットは夜中の1:11、3:33、4:44の時間に決まって目が覚めるという、なんとも摩訶不思議な体験をしていたんだそう。

思わず日本の四谷怪談を思い出しました汗

よく聞きますよね?

必ず演者がケガするとか、事故に遭うとか…

また、違う意味で怖いなぁーと思ったことは、

5週間で43ポンド(約20㎏)も痩せたヴィンセント役のドニー・ウォルバーグ。

あやうくリアルなゴーストになるとこでした汗

でもこれも役者魂からですね。

また、本作は時系列順に撮影されました。

感情のこもった作品にさせるため、演者にもそれを意識させるためなんだとか。

確かに、繊細なこだわりが詰まってたなぁと、改めて思える作品でした!

こんな人に特におすすめ

  • 伏線が張られた映画が好き
  • あとから「あぁーねぇー」てなるのが好き
  • 感情が揺さぶられるのが好き
  • ワーキャー言うのはイヤだ!

『シックス・センス』の評価

今回、おすすめのサスペンス映画『シックス・センス』をご紹介させていただきました。

もし少しでも興味が湧いたらぜひご覧になられてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ステイホーム特集
この記事では映画が見放題のおすすめ配信サービスを3社厳選して紹介します。
ステイホーム特集
この記事では映画が見放題のおすすめ配信サービスを3社厳選して紹介します。

ブックマークしてくれるとうれしいです

あなたのレビューを読者に届けよう!

自由な文章で短文ok!

※レビュー反映には少し時間がかかります