『羊たちの沈黙』映画‐アカデミー賞主要5部門受賞のサスペンスの金字塔。

羊たちの沈黙

おすすめのサスペンス映画『羊たちの沈黙』のご紹介です。(ネタバレなし)

映画史に残るシリアルキラー爆誕!

『ハンニバル』の映画シリーズ一作目にして数々の賞に輝いたレジェンド的名作。

作品情報

監督:ジョナサン・デミ

1991年公開、上映時間118分

【主なキャスト】

ジョディ・フォスター・・・FBIの訓練生クラリス・スターリング

アンソニー・ホプキンス・・・猟奇殺人で服役中の天才精神科医ハンニバル・レクター

『羊たちの沈黙』のあらすじと感想

 

あらすじ
FBIの訓練生クラリスは世間を騒がしている連続猟奇殺人犯バッファロー・ビルの捜査に加わることになった。

彼女の役目は

バッファロー・ビル同様に自身も猟奇殺人事件の犯人でもあり

現在服役中の天才精神科医ハンニバル・レクター博士を捜査に協力させること。

最初はクラリスを適当にあしらっていたレクターだが

あることをキッカケに

次第に彼女に対して特別な感情を持ち始めるのだった。

しかし、その一方で

またもバッファロー・ビルによる新たな被害者が発見され

事態は一刻の猶予も許されない状況になってしまう。。。

 

おすすめのサスペンス映画『羊たちの沈黙』の感想ですが

サイコスリラーということだけあって

一部ではグロテスクで気持ち悪い場面もあるので

お子さんや家族で観るのは要注意です。

 

ですがストーリーもキャラクターにも惹き込まれるところが沢山ありますし

最後まで飽きずに楽しめますから

伊達に色んな賞をとってないなと思わせてくれる名作です。

 

監督は今は亡きジョナサン・デミ。

B級映画の帝王と呼ばれたロジャー・コーマンの元で若い時は修行し

ドキュメンタリー番組なども多数手がけ

本作『羊たちの沈黙』の大ヒットで一躍時の人に。

 

本作はトマス・ハリスの同名の原作を基にしており

トマス・ハリス自身、

表舞台にあまり出ずに40年の作家生活でわずか5作(うち4作は『ハンニバル』シリーズ)しか出版していない謎に満ちた人物でもあります。

 

元々彼は地方紙の記者やAP通信社のレポーター兼編集者としての経歴を持っているため、犯罪者や事件と身近な環境にいたんだとか。

そのため

本作に登場するレクター博士やバッファロー・ビルには、

それぞれ実在のモデルが数人います。

 

30人以上の犠牲者を出したIQ136のテッド・バンディ

360人殺しのヘンリー・ルーカス

月夜の狂人エド・ゲイン

ミルウォーキーの怪物ジェフリー・ダーマーなど

みなアメリカ犯罪史上に残る極悪人です。

 

そんなとんでもない人物がモデルのキャラを描きながらも嫌な作品にならないのは、

ジョディ・フォスター扮するクラリスという善人の存在だったり

レクター博士の醸し出すカリスマ性のせいかもしれませんね。

 

それにしても

アンソニー・ホプキンスの演技が凄いです。

ああいうのが怪演っていうんだなって感じです。

 

こんな人に特におすすめ

  • ハラハラドキドキを味わいたい人
  • 物語に惹き込まれたい人
  • 名演技を見たい人
  • 名作をチェックしておきたい人

 

ちなみに

本作のシリーズですが現時点(2019年)では4作品出ています。

時系列順に言うと

 

①『ハンニバル・ライジング』(2007年)

監督:ピーター・ウェーバー

レクター博士の若い頃の原点。

裕福な家庭で生まれたレクター博士が、戦争で全てを失い復讐の鬼になる物語です。

彼の過去のトラウマや、なぜ心が狂ってしまったのかも描かれています。

予備知識全くなしで『羊たちの沈黙』をまだ観ていない状況でも楽しめるので結構おすすめです。

 

②『レッド・ドラゴン』(2002年)

監督:ブレット・ラトナー

レクター博士がFBI捜査官のグレアム(エドワード・ノートン)にどうやって捕まったのか?

エドワード・ノートンを筆頭に、脇を固めるキャスト陣の演技も素晴らしく、こちらもかなり高評価の作品となっております。

極上の心理サスペンス映画といった感じです。

 

③『羊たちの沈黙』(1991年)

本作。

 

④『ハンニバル』(2001年)

監督:リドリー・スコット

本作から10年後を描いた作品。

クラリス役はジュリアン・ムーアに変更。

最初の30分くらいはそんなに盛り上がりませんが

後半に進むにつれてレクター博士の怖さが溢れてきて衝撃的なシーンが多いのでご注意です。

時系列的にはシリーズ最後になりますし、これまでの作品を観てから鑑賞したほうがより楽しめると思います。

 

以上、興味のある方は全作品制覇してみてはいかがでしょうか?

 

それと

豆知識ですが、本作のパッケージ画像の蛾ですが

実はよーく見ると模様がドクロになっているんです。

こちらがその画像。

 

 

そして更によくみると、そのドクロは人間の体で構成されているようですよ。

ちょっと気持ち悪いので本記事では画像を載せませんが

有名画家のサルバトール・ダリの作品をモチーフにしているんだとか。

最後に本作のネット上の評価をご紹介して締めさせていただきます。

『羊たちの沈黙』の評価

などなど

ネットで調べると他にも

みなさん絶賛している方が多かったです。

今回、おすすめのサスペンス映画『羊たちの沈黙』をご紹介させていただきましたが、

もし少しでも興味が湧いたら是非ご自身の目で映画をご覧になられてくださいね。

ちなみに

本作でレクター博士を演じた

アンソニー・ホプキンスは映画のイメージとは真逆で、実はベジタリアンらしいですよ(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめのアクション映画
おすすめのサスペンス映画
おすすめのヒューマンドラマ映画
おすすめのファンタジー映画
おすすめの恋愛映画
ジブリ映画