『セント・オブ・ウーマン』映画‐孤独な盲目の男と青年のヒューマンドラマ。

セントオブウーマン

おすすめのヒューマンドラマ映画『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』のご紹介です。(ネタバレなし)

ラブロマンス?いいえヒューマンドラマです。

アル・パチーノが悲願のアカデミー賞主演男優賞を受賞した感動の名作!

人生の岐路に立たされた時や少し疲れた時に是非観てほしいです。

作品情報

監督:マーティン・ブレスト

1993年公開(日本)、上映時間157分

【主なキャスト】

アル・パチーノ・・・盲目の退役軍人スレード

クリス・オドネル・・・ベアード高校に通う青年チャーリー

ジェームズ・レブホーン・・・ベアード高校の校長トラスク

フィリップ・シーモア・ホフマン・・・チャーリーのクラスメイト

『セント・オブ・ウーマン』の感想とタンゴの名場面

 

あらすじ
貧しい家庭で育ち故郷を離れながらも名門高校に通う青年チャーリーはある夜クラスメイトのイタズラを目撃してしまう。

犯人を言うべきか、言わないべきか。。。

そんな中、アルバイトで目が見えない盲目の退役軍人フランク・スレード中佐の旅行に同行することに。

旅行先のニューヨークで贅沢三昧のスレード中佐だが、彼には秘密の目的が。。。

数々の名場面に彩られ、節目節目で観たくなる心に残る名作です。

 

本作では名シーンの1つとして

盲目のスレード中佐が美女とタンゴを踊るシーンがあるのですが凄く素敵で必見です。

 

こちらがその映像です。(ストーリー上のネタバレなし)※音量注意

 

 

このタンゴの曲は、

アルゼンチンの国民的歌手カルロス・ガルデルによる『Por Una Cabeza』(ポル・ウナ・カベーサ)です。

 

意味は「首の差で」。

 

競馬でわずかの差で負けた競走馬に例えて、恋の駆け引きにわずかの差で敗れた男の心境を語った曲だとのことです。

観終わったあとで、もう一度このシーンを振り返るとこの曲の意味も相まって何とも感慨深い気持ちになれますよ。

本作の中で述べられているように、人生もある意味ではタンゴに似ているのではないかと思わせてくれます。

 

ヒューマンドラマ映画『セント・オブ・ウーマン』の感想ですが

個人的にかなり好きな映画です。

ストーリーは、あらすじでも述べたようにそんなに複雑でもなく身近にありそうな物語ですけど、それをドラマチックに見事に仕上げて名作にしているのは本当に凄いと思います。

 

盲目で孤独な退役軍人を演じたアル・パチーノの演技力も凄いですが、

実は青年役のクリス・オドネルも凄いんです。

最初観た時はそんなに凄いと印象に残らなかったのですが

改めて観ると泣くとこの演技も上手いですし

なにより役柄の真面目な好青年というイメージにピッタリです。

 

あと作中でスレード中佐がウイスキーのジャック・ダニエルばかり飲んでいるのですが

付き合いが長いからと言ってジョン・ダニエルと呼ぶとこなんかもジョークが効いてて素敵です。

 

彼は口が悪くてかなり破天荒なキャラとして描かれていますが

どこか憎めないのはこういうお茶目な所と

アル・パチーノが上手い具合に彼が抱える悲しみを表現しているからだと思います。

 

他にも

物語終盤のスピーチのシーンなんかも何度も観返したくなります。

 

監督は過去に『ビバリーヒルズ・コップ』を手掛けたマーティン・ブレスト。

ちなみに

彼はこの作品のあとの2003年に

『ジーリ』という日本未公開のラブコメディ映画で最低な作品に贈られるゴールデンラズベリー賞に最多ノミネートされちゃってます(笑)

 

それとこの作品は

若い人よりか少し年をとった人のほうがスレード中佐により感情移入が出来て心にくると思います。

若い人はたぶんどちらかというと青年のチャーリーの方に感情移入して楽しむと思うのですが、是非また年をとってから観返して欲しいです。

 

こんな人に特におすすめ

  • 爽やかな感動を味わいたい
  • 昔を振り返ることが多くなった
  • 人生の岐路に立たされている
  • ちょっと気分が落ち込んでいる

豆知識

  • 『セント・オブ・ウーマン』は直訳すると「女性の香り」・・・匂いを表現する英語はsmellが一般的ですが、セント(scent)は良い香りを表す時によく使われイギリス英語では香水(perfume)としても使われる。
  • スレード中佐の「フーアー」というセリフ・・・これはアメリカ陸軍の気合を入れる時の掛け声のようなもの。日本でいうところの「押忍!」みたいな。ちなみに海軍では「フーヤー」海兵隊(歩兵の特殊部隊。海軍と海兵隊は別物)では「ウーラー」。
  • チャーリーとスレード中佐が泊まったホテル・・・二人が旅行先のニューヨークで泊まったホテルは「ウォルドルフ=アストリア」。アメリカを代表する最高級ホテルとして有名で大統領など数々の権力者や富豪が利用。
  • チャーリーが通う名門高校ベアード校について・・・男子校として描かれており、アメリカでは男子校、女子高は名門中の名門が多い。チャーリーはアメリカの西の端っこにある田舎のオレゴン州から、東の端っこのマサチューセッツ州ボストンのこの高校に故郷を離れ通っている。(マサチューセッツ州ではなく、すぐ北に隣接するハンプシャー州の可能性もある)

 

最後に本作のネット上の評価をご紹介して締めたいと思います。

『セント・オブ・ウーマン』の評価

などなど

他にもネットで調べてみると

少し昔の映画ですがみなさん何回もご覧になられているようで嬉しいです。

今回、ヒューマンドラマ映画『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』をご紹介させていただきましたが、もし少しでも興味が湧いたらおすすめなので是非ご自身の目で映画をご覧になられてくださいね。

タンゴのシーンや名言にきっと感動すると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめのアクション映画
おすすめのサスペンス映画
おすすめのヒューマンドラマ映画
おすすめのファンタジー映画
おすすめの恋愛映画
ジブリ映画