『プーと大人になった僕』‐大人必見の優しさに溢れたファンタジー。

プーと大人になった僕

おすすめのファンタジー映画『プーと大人になった僕』のご紹介です。(ネタバレなし)

あの懐かしの『くまのプーさん』を実写化!

現代社会で忙しく働く大人にこそ観て欲しい傑作。

作品情報

監督:マーク・フォースター

2018年公開、上映時間104分

【主なキャスト】

ユアン・マクレガー・・・大人になったクリストファー・ロビン

ヘイリー・アトウェル・・・妻

ブロンテ・カーマイケル・・・娘

『プーと大人になった僕』のあらすじと感想

 

あらすじ
100エーカーの森に住むプーとその仲間たちはいつも仲良し。

ある日、いつものようにプーが目覚めると、森のみんなが消えていた!

困り果てたプーはクリストファー・ロビンに助けを求めて会いに行くことを決心。

一方その頃

大人になったクリストファーは家庭もかえりみず仕事に追われる毎日を過ごしていた。

何十年ぶりかの再会をはたした二人は一緒に100エーカーの森に行くことになるが。。。

本当に大切なものが何かを思い出させてくれる優しさに溢れた物語。

 

こちらが予告動画です。※音量注意

 

 

おすすめのファンタジー映画『プーと大人になった僕』の感想ですが

チャーミングで優しさに溢れたストーリーで、鑑賞後は温かい気持ちになれますし誰にでもおすすめできる作品です。

 

家族やカップルで観るのも良いと思います。

 

最初、観る前はプーさんが「なんか、ぬいぐるみみたい」と思ってましたが

実際に観てみると

そんなこともさほど気にならず、

凄くチャーミングで純粋な彼の言葉の一つ一つが素敵です。

 

「なんで、ぬいぐるみにしたのかなぁ」と思って調べてみると

もともとディズニーの公式の設定でもプーさんはぬいぐるみの設定とのことでした。

背中に縫い目だってあるみたいですよ(笑)

 

プーさんの他にも

ピグレットやティガーなど

おなじみのキャラが出ていて小さい頃観ていた私にとっては凄く懐かしい気持ちになれました。

 

監督のマーク・フォースターは

過去にジョニー・デップ主演の大ヒット映画『ネバーランド』や

ブラッド・ピット主演の『ワールド・ウォーZ』を手掛けた実力派監督です。

 

彼曰く

本作のプーさんは「子供にさんざん抱っこされたような」外見を目指したそうですよ。

 

監督自身、当時9歳の娘がいたので

大人だけでなく子供たちが観ても楽しめる作品にしようと心掛けたとのことです。

 

途中まで私はプーさん達がクリストファー・ロビンの

空想上の存在で他の人には見えないんじゃないかと勝手に思ってたのですが

普通に他の人にも見えてました(笑)

ぬいぐるみが動いて喋るもんですから

化け物呼ばわりされていましたけど、そこも楽しかったです。

 

本作では100エーカーの森の仲間たちが

忙しすぎる日々を過ごしているクリストファーに、本当に大事なものが何かを気づかせるのですが

現実でもユアン・マクレガーは

この撮影のあとに長い休暇をとったそうですよ。

 

余談ですが

『くまのプーさん』にはちょっと怖い都市伝説もあるみたいですよ。

なんでも

原作のその後、

淋しがりやのプーさんは

クリストファー・ロビンを誘拐して100エーカーの森に一生閉じ込めてしまったんだとか。。。

 

確かにプーさんは自分の欲望に忠実ですけど

今回の映画『プーと大人になった僕』でも描かれているように

彼は優しい心の持ち主ですし

ちゃんとした根拠もないのでこれはまったくの嘘みたいです。

 

そもそも原作は

A・A・ミルンが当時3歳だつた自分の息子クリストファー・ロビン・ミルンのために

息子の遊び相手のぬいぐるみをキャラクターとして登場させた

愛情のある作品ですから

怖い都市伝説が事実であるはずがないんです。

 

こんな人に特におすすめ

  • 『くまのプーさん』やディズニーが好きな人
  • 仕事が忙しい人
  • 最近ちょっとお疲れ気味の人
  • 家族を大切にしたい人
  • 家族で楽しめる映画を観たい人

 

ちなみに

物語中に100エーカーの森に住むズオウとヒイタチという悪者キャラの名前が登場しますが

ズオウがゾウの言い間違いで

ヒイタチがイタチの言い間違いで

両方ともプーさんの夢の中で出てきた想像上のキャラクターらしいですよ。

 

ハチミツを狙う悪者で、自分の姿形を変えられる能力があるんだとか。

 

それと100エーカーの森はだいたい東京ドーム8.5個分くらいの広さらしいです。

もっと狭いのかと思ってたのでビックリです。

 

他にも、撮影では

全部CGとかではなくて実際に、ぬいぐるみを使っていて

人形使いが裏で動かしていたり

歩いて動くシーンではラジコンに乗せて視覚効果などの技術を駆使したとのことです。

なので

クリストファーの娘役を演じた

ブロンテ・カーマイケルも自然な演技をすることが出来たと後のインタビューで語っています。

 

色々と長くなってしまいましたが

最後に本作のネット上の評価をご紹介して締めさせていただきますね。

『プーと大人になった僕』の評価

などなど

ネットで調べると他にも

みなさん癒されると言う声が多かったです。

今回、おすすめのファンタジー映画『プーと大人になった僕』をご紹介させていただきましたが、

もし少しでも興味が湧いたら是非ご自身の目で映画をご覧になられてくださいね。

それと本作のユアン・マクレガーはこちらの『ビッグ・フィッシュ』にも出演しています。

ビッグフィッシュ

『ビッグ・フィッシュ』映画‐おとぎ話のような親子の絆のファンタジー。

こちらもよかったらチェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事のライター

『おすすめ映画メモ』編集長のエリです。 評論家ではないので難しいことは気にせずに気楽な感じで楽しんでいってくださいね。
関連記事
おすすめのアクション映画
おすすめのサスペンス映画
おすすめのヒューマンドラマ映画
おすすめのファンタジー映画
おすすめの恋愛映画
ジブリ映画