『哭声/コクソン』映画‐解説・考察

哭声/コクソン

おすすめのサスペンス映画『哭声/コクソン』の解説と考察です。

この記事は本作を既に観たことを前提に書いております。

まだ映画を観ていない方や詳しいあらすじ(ネタバレなし)を知りたい方はこちらの記事をお読みください。

哭声/コクソン

『哭声/コクソン』映画‐難解で味わい深い異色のサスペンス。

それでは、いってみましょー

『哭声/コクソン』の解説と考察

 

『哭声/コクソン』の解説と考察ですが

色々な人が色々な事を言っていて、正解が一つではないかもしれません。

※本記事は個人の見解で公式の意見では誤解しないでくださいね。

 

まず、みなさん気になっている点として

國村隼さん演じる、よそ者の日本人はラストで見せた姿のように本当に悪魔だったのか?という点ですが

演じた國村隼さんは「あの男は別に人ですらない」と言っていますから

人間ではないことは確かみたいです。

 

人じゃないならいったい何者なんでしょう?

 

監督のナ・ホンジン自体がキリスト教徒ということもあり

本作は聖書に大きく影響を受けたとインタビューで答えていますし聖書ネタも満載なので

他の人の考察を見ると

イエス派と悪魔派にわかれている状況です。

 

悪魔なのはわかるけど

イエスってどういうこと?

 

これについては物語ラストに

日本人の男が助祭のイサムに言っていた以下の言葉が関係しています。

 

「わたしに触れてみろ 幽霊には肉と骨がないが お前が見る通り わたしには 肉も骨もある」

 

そして彼はイサムに自分の左手を見せるのですが

そこにはイエスと同じように手のひらに丸い穴が開いています(はりつけにされた時の傷)

驚いて恐怖するイサムを映し、場面は代わります。

 

そして次に映された時、

日本人は恐ろしい悪魔のような姿に代わり、カメラを向けてあざ笑うかのようにイサムにこう言いました。

 

「どうして 心に疑いをもつのか」

「わたしの手や足を見なさい」

「まさに わたしだ」

 

そして、いやらしい笑い声とともに彼等の会話は終了します。

 

このラストのやりとりは

まさに物語冒頭で出てきた聖書のルカ24章37‐39節のイエスが言ったセリフと同じです。

 

聖書の場面的には

処刑後に復活したイエスを見て、イエスのことを怖がる弟子たちに対してのセリフですが

なぜこの日本人はイエスと同じ言葉を言ったのでしょう?

しかも手のひらに同じ傷を負って。

 

他にこの日本人とイエスの共通点として

迫害されて処刑されたイエス同様に

彼も警察官のジョングらによって一度殺害されて、後に蘇っています。

 

それにこの男は殺害される前の、追いかけられる時には

ジョング達から必死に逃げて泣きそうになっています。

 

イエス自身も処刑前日には

「父よ、できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願いどおりではなく、御心のままに」

と、この杯(人類の罪の贖いのために命を捨てる)という使命に対し弱気になっています。

 

それ以外にも

憑りつかれた娘が貪り食っていたのが、キリスト教と関係が深いと言われる魚という点や

信仰心のない人にとってはイエスが悪魔に見えたんじゃないか?

イエスを信じない人に裁きがくだされたんだ!

といった意見など、

日本人=イエスという意見は色々あるみたいです。

 

ですが、

監督が白い服の女について「善である」と明言したという情報もあります。

トークショーでそう言っていたらしいですが

実際の映像やインタビュー記事が見つからなかったので

100%本当なのかわかりませんが

白い服の女VSよそ者の日本人、祈祷師

という構図は事実だと言えます。

補足説明
未公開シーンとして山中で、白い服の女と日本人が戦う場面も撮影されています。

 

それに

物語のラストでは

日本人が「燃やした」と言っていた写真を祈祷師が持っていましたし

カットされた未公開シーンでは

二人が一緒に車に乗って、村を離れていくシーンがありましたから

この二人がグルだったことは事実です。

 

お祓いシーンでは

祈祷師は、日本人ではなくて、救うハズの娘を攻撃しており

日本人は、白い服の女から攻撃を受けていたと認識してよさそうです。

補足説明
娘が痛がっている箇所と日本人が痛がっている箇所が違う。

 

その後

白い服の女から攻撃された祈祷師が

怖くなって谷城(コクソン)からソウルに逃げようとしていましたが

その時、車に蛾みたいなのが降り注いでいましたが

あれは悪魔の復活を表していたんだとか。

だから彼は谷城に戻ったのではないでしょうか?

 

それと物語の途中でゾンビが出てきたのは

たぶん、日本人の悪魔が黒魔術みたいなのを唱えてた時に

白い服の女に攻撃されて(お祓いシーン)

不完全なゾンビが出来上がったという感じだと思います。

 

このことを考えると

本当に白い服の女が「善」の存在で

対立している

よそ者の日本人と、グルの祈祷師が「悪」という結論になりそうです。

 

でも、そもそも「善」と「悪」はどういう基準なのでしょう?

警察官のジョングや村の人達の目線で考えると

危害を加えてくる、日本人たちが悪ですが

もしこの日本人がイエスで

自分を信じずに迫害してくる人達に対して裁きを与えているだけだとしたら

必ずしも「悪」とはいえないのではないでしょうか?

 

とはいっても

悪魔がイエスの真似事をして

あざ笑っていただけの可能性もありますから

色んな解釈ができるのかもしれませんね。

 

監督もこうやってイエス関連のことを伏線として物語に散りばめて

真実を一つに断定せず、色んな可能性を残すことで

あとは勝手に観客が深読みの考察をするだろうと先を読み

ミスリードの罠を沢山仕掛けていたのかもしれません。

 

それに

よそ者の日本人を演じた國村隼さんは

演技の際に

観客を欺くために、キャラクターに一貫性を持たせず

「お客さんがどう感じるかを意識してそこに居ること」を意識したと言っています。

 

私たちは最初から、ナ・ホンジン監督の手のひらの上で踊らされていたのかもしれませんね。

 

『哭声/コクソン』の解説と考察のまとめ

 

『哭声/コクソン』の解説と考察を考えてきましたが

個人的には

白い服の女は、警察官のジョングを救おうとしていたが

悪魔の日本人と、グルの祈祷師によって

ジョングは、まんまと騙されて全てを失った

という結論に至りましたが

これはあくまで、私が出した一つの結論で

全く違う結論も考えられます。

 

そもそもの話

ジョングが目にした風景や人そのものが

彼を騙そうとする者による幻覚なのかもしれませんし

そう考えると、映画の映像の全てが信じられなくなってきます。

 

それに、

幻覚を引き起こすキノコのこともチラッと出ていますから

全ては村の人達の妄想で

初めから、日本人も祈祷師も白い服の女も存在しなくて

映画の映像自体が全て幻覚を映していたという考えかたも出来ます。

 

こういう風に

ナ・ホンジン監督はいくつものアナザーストーリーというか

どうとでも解釈できるような部分をわざと残したんだと思います。

 

考察すればするほど、深みにハマっていくようで

まさに狡猾な悪魔が作ったような映画なのではないでしょうか。

 

ちなみに

國村隼さんは本作で、ふんどし姿を披露していますが

あれ、当初の台本では全裸だったそうですよ・・・

見苦しいという理由で変更したんだとか(笑)

 

そんな感じで

色んな解釈や考察ができますから、2回、3回と観返しても十分楽しめると思います。

ぜひあなた独自の結論を見つけてくださいね

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめのアクション映画
おすすめのサスペンス映画
おすすめのヒューマンドラマ映画
おすすめのファンタジー映画
おすすめの恋愛映画
ジブリ映画