『シャイニング』映画-名作として語り継がれるホラーの金字塔。

シャイニング

おすすめのホラー映画『シャイニング』のご紹介です。(ネタバレなし)

呪われたホテルでいったい何が・・・

スタンリー・キューブリックがこだわり抜いた伝説のホラー。

作品情報
監督
スタンリー・キューブリック
原作
スティーヴン・キング
製作
スタンリー・キューブリック
公開
1980年
上映時間
143分(北米公開版)
主なキャスト
ジャック・ニコルソン 小説家を夢見るジャック
シェリー・デュヴァル ジャックの妻ウェンディ
ダニー・ロイド ジャックとウェンディの息子ダニー
霊能力のような不思議な力を持つ少年
スキャットマン・クローザース ホテルの料理長ハロラン
ダニーと同じ力を持っている

『シャイニング』のあらすじと感想

あらすじ

物語の舞台は、冬の間外界から隔離される雪深いホテル。

ある冬、ホテルの管理人が自身の妻と幼い娘2人を斧で殺害し、その後、猟銃で自殺してしまう。

警察の見解は、閉鎖的なホテルで過ごしたことによる一種の閉所恐怖症だろうとのこと。

そして、事件の翌年。

亡くなった管理人の後釜として選ばれたのが、小説家志望のジャックだった。

彼は、愛する妻と一人息子のダニーを連れて、このホテルで過ごすことになるのだが・・・

こちらが予告動画です。

 

不朽の名作として有名

『シャイニング』と言えば、若き日のジャック・ニコルソンが、ドア板に挟まれたて狂気に満ちた形相をしている表紙があまりにも有名です。

そこで今回は、「興味はあるけど観ていない」「有名なのは知っているけど、観るタイミングを逃している」など、まだ観れていないといった方に向けて、”不朽の名作”と言わしめる本作の特徴など、お伝えできればと思います。

追い込まれた役者と不気味な音楽

本作の特徴の一つに、どんどん惹きつけられる音楽が挙げられます。

心臓と脳がやられてしまう音楽。

音楽だけでも、ハィもう怖ぃーーー泣。

それに加えて、執拗に追われるウェンディの恐怖に慄くリアルな表情が、またまた恐怖感を植えつけます。

監督を務めたスタンリー・キューブリックは撮影中、ウェンディ役のシェリー・デュヴァルに対し、特に厳しめに指導したそうです。

シーン内で、シェリーが恐怖のあまりに思わず口走った「頭が混乱して・・・」という言葉は、咄嗟に出たものであり、本作ではそのまま使用されたのだとか。

完璧主義のキューブリック

完璧主義者でもあり、猟奇的と言われるほど、こだわりが強い監督としても有名な、スタンリー・キューブリック。

彼は、巨大な雪の迷路シーンでは、900トンもの塩で雪を演出したり、1シーンにかけるテイク数でギネス記録に認定されたんだとか。(132回だったり190回以上だったり諸説あるようです)

さらに、シンメトリー(左右対称)好きな監督は、本作内の主に登場する小道具にまでシンメトリーを取り入れてます。

他にも、長尺として有名なオープニングに流れる約2分間の空撮には、4か月もかけ、撮影時間は、なんと17時間分!

これらを加味して、改めて観るのも楽しめそうですね!

激怒した原作者

本作の原作を手がけるのは、スティーヴン・キング。

数々の名作ホラー小説を書き連ねていますが、映画化された作品は、どれもこれも評価が高く、いつまでも記憶に残る作品ばかりです。

しかしながら…本作は、原作が大幅に改変されてしまっています。

その件でスティーヴン・キングは怒りを露わにし激怒。

また、怒りの根源には、キューブリックが原作を一度も読んでいないのでは?と疑われているところ…。

そりゃアカンわぁー、せめて読んだげて泣

登場人物たちの性格がかなり変更されていますし、原作を読んだことがある人にとっては全くの別物との声も多数あり、キューブリックの死後も、キングの本作に対する批判は止むことがなく、いまだ怒りは継続中なんだとか…。

巨匠同士のイザコザ。こちらも違う意味で怖い話しですが汗

1997年に放映された本作のドラマ版は、なんとキング自身が脚本担当し、エミー賞作品賞にノミネートされるほど、高評価を受けるのです。

これまた、さすがです!

しかし、キューブリックも負けていません!

英ロンドン王立大学の研究チームが、本作を数学計算式によってホントに計算したんだとか。

音響効果や未知の要素、リアル感、雰囲気、主人公の孤独、暗闇、罠、登場人物数などなど、これらの要素を組み合わせて計算。

はじき出された答えは、世界最高のホラー映画でした。

んー、二人とも評価で言えば、どっちもえー勝負。

自分の仕事にこだわりを持つ同士の「仁義なき戦い」といったところでしょうか。

存在感抜群の双子キャラ

また、本作に登場する、気味悪・可愛い”双子の女の子”もスルーできない存在です。

この双子ちゃん、昨今、意外なところで目にすることがあります。

それは、アパレル業界です。

ZARAなど複数の有名ブランドが展開するTシャツ正面に、ドカーンと双子ちゃんプリントがアップされてるんです。

こんな形で、現代のファッション界に蘇るなんて、ホントびっくりです!

しかもバカ売れするのもびっくりです!

当の私も買うのを迷ってしまった一人です笑

古さを感じさせないのが、なんとも不思議…。

ちなみに本作で登場する子役のダニー・ロイドと、この双子リサ・バーンズとルイーズ・バーンズですが、3人とも現在は演技の道から遠のき普通に生活しているそうですよ。

こんな人に特におすすめ

  • 観たいとは思ってたけど…のような人
  • とにかく心臓バクバクしたい人
  • 不気味な作品が観たい人
  • ホラーの代表作が観たい人

 

『シャイニング』の評価

不朽の名作ホラーと名高い『シャイニング』ですが、部屋をなるべく暗くして、大音量で観るのがおすすめです!

その後2日間は、「後ろをついつい振り返ってしまう」症状をご了承下さい汗

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブックマークしてくれるとうれしいです