『交渉人』映画(洋画)-天才同士の駆け引きに注目の手に汗握るサスペンス。

交渉人

おすすめのサスペンス映画『交渉人』(洋画)のご紹介です。(ネタバレなし)

「IQ180の駆け引き」

サミュエル・L・ジャクソンとケヴィン・スペイシーの二大スター共演で贈る手に汗握る珠玉の作品!

作品情報
監督
F・ゲイリー・グレイ
脚本
ジェームズ・デモナコ
ケヴィン・フォックス
公開
1999年(日本)
上映時間
139分
主なキャスト
サミュエル・L・ジャクソン シカゴ警察が誇る凄腕の交渉人ダニー・ローマン
ケヴィン・スペイシー ダニーが実力を認める交渉人クリス・セイビアン
ジョン・スペンサー 警察署長トラヴィス
J・T・ウォルシュ 内務捜査局長ニーバウム
ロン・リフキン ダニーと長年の付き合いがあるベテラン警察フロスト
デヴィッド・モース ダニーの同僚ベック

『交渉人』のあらすじと感想

あらすじ

ダニー・ローマンはシカゴ警察東地区を担当する凄腕の交渉人。

ある日、彼の相棒が何者かにより殺害されてしまう。

犯人として疑われるダニー。

犯行を裏付けるかのように自宅から出てくる身に覚えのない証拠。

自らの無罪を証明するために彼は警察の内務捜査局長らを人質をとり高層ビルに立てこもるのだった。

クリス・セイビアンを呼べ。

二人のスペシャリストの交渉の行方とは・・・

こちらが予告動画。(字幕なしですが雰囲気は伝わると思います。)

天才VS天才のストーリー

おすすめのサスペンス映画『交渉人』ですが

もし、まだ観ていない、そもそも知らない方は、まず!是非!観てください!

ホント、面白いです!

脚本もわかりやすくて、無理な設定や、おかしいだろ?なんてシーンもないので、どんどんストーリーに吸い込まれて行きます。

とにかく、サミュエル・L・ジャクソン&ケヴィン・スペイシー演技派二人の魅力が満載で、役柄で演じた天才同士ならではの、駆け引きや心理戦が底知れず楽しめます!

この「天才」な二人というところが、本作のキモでして、二流・三流では成立しないのが面白いところ。

こういう題材の作品は、邦画、洋画を問わず他にも多数ありますが、ここまでのハイスペックな天才を軸にした作品は珍しいのではないでしょうか。

犯人が発する言葉の裏にある、心の真意やホントの意味を読み解き、誰一人死なすことなく、人質全員を救い出すため、心理戦・頭脳戦が繰り広げられます。ココこそが、見どころです!

2時間をムダにしたくない!失敗したくない!なんて方には、ホントおすすめです。

モデルとなった事件

ここからは、本作プチトリビアのご紹介します。

本作は、1998年にセントルイスで実際に起きた事件がモデルになっています。

実際の事件で立てこもった元警察官のアンソニー・D・ダニエルは本作のダニーのような天才ではありませんが、彼も人質対策チームのメンバーだったと報じられています。

ニューヨークタイムズ紙の報道によると、彼はその後、普通に有罪判決を受けており禁錮8年、罰金20万ドルを命じられたそうですね。

昔の事件ということや、情報源が海外サイトにしかないということで情報が少なく、本当にアンソニーが悪かったのか謎ですが、映画と現実のストーリーは全く同じではなく十分楽しめるので、ご安心ください。

人質立てこもり事件説得交渉専科

日本でも、2005年から警察大学に「人質立てこもり事件説得交渉専科」といった専門のコースがあるそうですよ。

正直、日本にもいてはるんやー!と思ってしまいましたが…そりゃそうですよね汗

ニュースなどで「とある一室に」とか「市営バス内に」など、ちょいちょい立てこもり事件が起きてますが、そんな時でも当然、こういう人達が活躍されているんですよね。

昔の人情派刑事ドラマでも、「故郷のお袋さんが悲しんでるぞ!」とか、実際にお袋さんが「◯◯◯〜早く出て来なさ〜い」とか、息子の名前を泣きながら叫ぶシーンが思い出されますが…笑

あれもちゃんとした犯人との交渉だったんですね。しかし現在では、もっと専門的に学ばれたエリートがたくさんいるんです。

本作では、勿論ですが、もっと巧妙で天才2人の「落とし」の裏ワザも楽しめます。

こんな人に特におすすめ

  • 天才モノが好き
  • ずっとぐいぐい引き込まれる作品が観たい
  • ヘェ~、なるほど~ってなる作品が好き

 

『交渉人』の評価

今回、おすすめのサスペンス映画『交渉人』をご紹介させていただきましたが、

もし少しでも興味が湧いたら是非ご自身の目で映画をご覧になられてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブックマークしてくれるとうれしいです