『ザ・フォーリナー/復讐者』映画-ジャッキー・チェンが笑いゼロで魅せるシリアスなアクション。

ザ・フォーリナー/復讐者

おすすめのアクション映画『ザ・フォーリナー/復讐者』のご紹介です。(ネタバレなし)

この孤独な戦いに終わりはあるのか?

ジャッキー・チェン&ピアース・ブロスナン、二大スター共演のサスペンス・アクション。

作品情報
監督
マーティン・キャンベル
脚本
デヴィッド・マルコーニ
原作
スティーブン・レザー
『チャイナマン』
公開
2019年(日本)
上映時間
110分
主なキャスト
ジャッキー・チェン 特殊部隊出身のレストランオーナー、クァン
ピアース・ブロスナン 北アイルランド副首相のリーアム

『ザ・フォーリナー/復讐者』のあらすじと見どころ

あらすじ

特殊部隊の過去を忘れて、ロンドンで高校生の娘と静かに暮らすレストランオーナーのクァン。

そんな平和な日常は、無差別に行われた爆破テロであっけなく崩れ去ってしまう。

クァンにとって人生の全てだった一人娘の死。

復讐を決意するクァン。

彼は犯人を捜すうちに、北アイルランドの副首相リーアムにたどり着くのだった、、、

こちらが予告動画。

ジャッキーvsボンド

ジャッキー・チェン&ピアース・ブロスナンの共演サスペンス・アクション!

本作を見つけたとき、一瞬、目を見開いた記憶があります笑

観ない理由が見当たりません!

早速、鬼ガン見しました。

ジャッキー作品といえば、「信頼と実績」「安心と安定」ワタシの長年の印象はこれなんですよね。

なーんにも観たいのが思いつかないときや、なーんにも考えたくない、

2時間ほどの持て余し…なんかのときには、いつも救世主的に楽しませてくれたのがジャッキー作品でした。

みなさんおなじみの、キレッキレの彼のアクションは常に見応えありで、あっという間に時間が経っちゃいます。

さらに本作共演のピアース・ブロスナンといえば、なんといっても"007"が有名。



彼が扮するジェームズ・ボンドは、スラーッとした長身から醸し出されるジェントルマンなオーラが素敵。

紳士的でセクシーで…どハマりした世の女性も多いのでは

そんな彼とジャッキーが、どんな化学反応を起こしてくれるのか!?

興味津々であります。

ネタバレはしませんが、一言いうと…

いつもの彼らではありません!

"気分爽快アクション・痛快コメディー"なんてところは皆無です。

2人の刷り込まれた印象とか、イメージを一旦ゼロに戻して「こんな一面も観れるんだ!」的な期待をしてご覧ください。

補足
少し小さなフォントで少し目立つような補足説明を追加することができます。
ちなみにタイトルの『フォーリナー(foreigner)』は直訳すると「外国人」や「異邦人」といった意味です。

新境地のジャッキー・チェン

数々の名作で、世界中の映画ファンを唸らせてきたジャッキー。

「ジャッキー=コメディアクション」

こんな印象が強い彼は、本作を受けた理由に、普段の映画とはまったく違った『ラッシュアワー』以外の、ニューモデルな自分を見せたかったと語ります。

まさに本作ではその通り。

その1つにまず見た目がそう! 

実際よりも、かなり老けたメイクを施し、どこか寂しげで悲しげな、怒りに燃える男に変身しました。



これまでのジャッキーには見れなかった、表情だったり演出で、一切の"笑いなし"でシリアスな一面を初披露。

彼の真骨頂"カンフーアクション"も本作では封印され、軍隊の格闘技が持ち込まれます。

当然ながら軍隊アクション…

「みればわかる!すごいヤツやん」の仕上がりに。

また、イスやカーペットなど、その辺の目についた道具を武器として使うのがジャッキーの特徴ですが、

本作でもところどころに、「ぇっ!?それにそんな使い方あんねんやー!」ってなる、道具使用の華麗アクションも見どころの一つ。

1954年生まれの彼は今年で66歳(2020年)。

『ラッシュアワー』時のジャッキーからは相当経ってますが、まったく年齢を感じさせません。

ほんと、キレッキレの彼ですが「アクション俳優の第一線から退く」と前々から語ってきました。

本作を見る限り、それはないですな!笑

シリアスな自分を満喫してる感が否めなく、こりゃ次もありまっせ(知らんけど?)

リアリティを追求した監督

メガホンを握るのは、『007 ゴールデンアイ』や『マスク・オブ・ゾロ』『バーティカル・リミット』などを手掛けた、マーティン・キャンベル。

どれもなじみのある人気作品で、「はぃはぃ!あれな?」ってなる映画ですよね。

当然、マーティン監督も、監督らしいこだわりやクセがあるそうで…

本作ではリアリティを追求し、CGを嫌がりほとんどが実物で撮影されたんだとか。

実際に視聴しても、ほんの数箇所しかCG使用と思われるシーンは確認出来ませんでした。

また、マーティン監督はキッパリ言います。

「一番嫌いなアクションは、そのへんにありふれた、見慣れたカーチェイス」だと。

カーチェイス好きな人には…不向きな作品かもですね汗。

本作では、"リアリティのある新しいアクション"を撮りたかった!と意気込む監督。

ロンドンのテムズ川にかかるランベス橋の上で撮影された爆破シーンでは、事前に周辺住民に通告されていたものの…当日の大爆破に驚いた人たちで一時騒然となったんだとか!

もっと"町内放送"をしつこく繰り返すべきでしたな汗。

ちなみに、原作『チャイナマン』の著者はイギリスのスリラー作家スティーブン・レザー。

2011年Kindleでは、売れ行きなんと世界で2位!Amazonで、最も売れる英国作家といわれる1人です。

またシリアスな内容が多く、犯罪、投獄、兵役、テロなど、グッと心情に入り込むようなテーマが特徴です。

こんな人に特におすすめ

  • 新生ジャッキーの作品が観たい
  • ジャッキーの笑いなしシリアスが観たい
  • 「映像」と「曲」が見事に調和している映画を観たい
  • カンフー封印のアクションが観たい
  • 復讐モノが好き

『ザ・フォーリナー/復讐者』の評価

今回、おすすめのアクション映画『ザ・フォーリナー/復讐者』をご紹介させていただきました。

もし少しでも興味が湧いたらぜひご覧になられてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ステイホーム特集
この記事では映画が見放題のおすすめ配信サービスを3社厳選して紹介します。
ステイホーム特集
この記事では映画が見放題のおすすめ配信サービスを3社厳選して紹介します。

ブックマークしてくれるとうれしいです