『シャッターアイランド』映画-孤島の精神病院を舞台にした極上の謎解きサスペンス。

シャッターアイランド

おすすめのサスペンス映画『シャッターアイランド』のご紹介です。(ネタバレなし)

この島は何かがおかしい。

レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督の黄金タッグで贈る、極上の謎解きサスペンス。

作品情報
監督
マーティン・スコセッシ
脚本
レータ・カログリディス
原作
デニス・ルヘイン
公開
2010年
上映時間
138分
主なキャスト
レオナルド・ディカプリオ 連邦保安官のテディ
マーク・ラファロ 連邦保安官でテディの相棒チャック
ミシェル・ウィリアムズ テディの妻ドロレス
ベン・キングスレー アッシュクリフ精神病院のジョン・コーリー医師
エミリー・モーティマー 島で行方不明になった患者レイチェル

『シャッターアイランド』のあらすじと感想

 

あらすじ

精神病の患者を隔離する孤島で1人の女が行方不明になった。

捜査するのは連邦保安官のテディとその相棒チャック。

2人は島に上陸し、事件の捜査に踏み切るのだが何かがおかしい・・・

女が残した謎のメッセージ。

異様な雰囲気に包まれた施設内。

張り巡らされた謎と伏線。

はたしてテディは事件を解決し真実に辿り着けるのか。

本編映像を少しだけご紹介。(ネタバレなし)

 
おすすめのサスペンス映画『シャッターアイランド』を一言でいうと

「まるで、難題の因数分解を解くような…そんな答えの出し方があったのか⁈」です。(チョット何言ってるかわかんないんですが汗)

それはさておき、感想へ…と行きたいところですが、ネタバレを避けるため、これといった感想が言えません泣

なので、今回は主演を務めたレオ様の本作に向けた想いであったり、チョイ裏話などをお伝えできればと思います。

レオ様フリークの方には、先にご報告。

内容自体が味わった事のないミステリーなので、レオ様のキュートな笑顔が100%観れません⤵︎が、変わりに、苦悩・苦痛なシーンも、絵に映える迫真の演技で、目と眉の差が0ミリのクールガイな彼を堪能できます。

レオ様の本作インタビューでは、「ホントにしたかった仕事だ」とし、同時に「キャラクターの複雑な心理を描くものや、人間のダークサイドを探求した作品に強い魅力を感じる」と述べています。

過去作に1997年公開の映画『タイタニック』があります。

船舶旅行でテンション上がったカップルが必ずやってしまうという、あの名シーンが有名で世界中の女性が涙した、彼の代表作といっても良いのではないでしょうか。

しかしレオ様は、この映画の方が彼のキャリアからすると例外なんだとか。

心情だけでなく、疑問を抱えながらのような、精神を使う作品がお好みということでしょうか。

世の女性から言わせれば、「あの完璧過ぎる佇まいにありながら、大恋愛悲話に出ずにして、どの作品に出るんだ!」とおっしゃる方もいるでしょう。

がしかし、個人的には真逆であります!笑

『J・エドガー』『ジャンゴ 繋がれざる者』『インセプション』など、直近では、ブラピとダブル主演の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』など、恋愛度数ゼロの、甘さをグッと抑えた男ッポなレオ様が堪能できます。

※『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』では、おどけたお茶目な表現もあり、また違った表情が観れちゃいますよ!レオ様フリークにはたまりませんなぁ笑

しかし、本作では、計算したかのような美しい眉間のシワを作り、苦痛に苛まれる表情や、何か企む鋭い視線などなどが続きますのでご了承ください。

また、本作で演じるキャラクターそのものがチャレンジングで、彼自身も色々工夫を凝らしたのだそう。

例えば、ワンシーンを3通り演じ、編集時にベストカットを選んでもらったり。

そのこだわりの理由は、観客にストーリーの秘密をを気づかれないため。

といっても、ネタバレ情報が知れ回ってしまう可能性は否めなくて…

しかし、それにもレオ様は、「結果を見せる映画ではなく、テディの感情や心の変化を見せる映画を目指した」と言い放ちます。

さすがレオ様⤴︎

ただのイケメン軟弱俳優ではなく、役者魂で熱く燃えるエンターテイナーだったんです!

スコセッシ監督とタッグを組むのは実に4作目で、彼から本作の依頼を受けたレオ様は即決快諾したのだとか。

監督との関係を、パートナーシップだと言い、とても役者を大事にしてくれて、自信と信頼を与えてくれるとも語っています。

善良な関係を長きに渡り築き上げた結果、演じる役柄を完全に自分のものにして、自分らしく表現する事が出来たのだとか。

ここでプチトリビアを二つ。

タイトルの『シャッターアイランド』(Shutter Island)にも、隠れたこだわりがあります。

こちらは、ネタバレではないので、バラしちゃいますね笑

【truths and lies(真実と嘘)】

【truths/denials(真実/否定)】

これらの文字を入れ替えて作られたアナグラムなんだとか。

そして本作の原作者のデニス・ルへインは本作以外にも、ベン・アフレック主演の『ゴーン・ベイビー・ゴーン』やショーン・ペン主演の『ミスティック・リバー』など多数の映画原作を手掛けた人なんです。

ではこんな人におすすめコーナーへ。

こんな人に特におすすめ

  • 生粋のレオ様ファンである
  • 単なる謎解きサスペンスでは物足らない
  • ダークな世界観や物語が観たい
  • 2度観たくなる映画が観たい

最後に本作のネット上の評価をご紹介して締めさせていただきます。

『シャッターアイランド』の評価

今回、おすすめのサスペンス映画『シャッターアイランド』をご紹介させていただきました。

もし少しでも興味が湧いたら是非ご自身で確かめてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブックマークしてくれるとうれしいです