『風の谷のナウシカ』は原作を知ればもっと楽しめる!映画で語られない設定とは?

kazenotanino-naushika

『風の谷のナウシカ』といえば歴代ジブリの中でも名作として愛されていますが、みなさんは原作の漫画をご存知ですか?

今回は映画で語られない、原作にある本当の設定についてご紹介したいと思います。

ネタバレを含みますので、ご注意くださいね。

『風の谷のナウシカ』の原作の設定

 

金曜ロードショーなどでテレビ放送されてたら、ついつい観ちゃう『風の谷のナウシカ』。

そんな名作の映画では語られない原作の設定のご紹介です。

まずはお馴染みのこのキャラの設定から

 

①猛毒を出す腐海の森やオームは人工的に造られた生命体

omu

 

物語の世界では腐海やオームがどんどん増えることによって人類は絶滅へと追い詰められていますが、実はコイツらは昔の人達が造った人口の生命体だったのです。

有害物質で汚染された世界を浄化していく作用があるんだとか。

普通に考えると、「浄化してくれるなら問題ないじゃん」と思うのですが、昔の人と今の人類はちょっと違ってて今の人類は完全に浄化された世界では生きていけないようです。(後ほど説明)

 

ちなみに、本作でナウシカとアスベル(男の子)がマスクを外した腐海の底は汚染度1くらいだから大丈夫だったようです。完全に浄化されていた場所なら死んでいました。

 

それとこのオーム

ネットで色々と調べてみると実は体長90m、重さ4万トンもある設定らしいですよ。

(体長80mという説もあります。)

 

ニューヨークの自由の女神の大きさが地上からてっぺんまでで93mなので、それと同じくらいの大きさです。

ちょっとデカすぎません?・・・

初めて作中で見た時はモスラみたいだけど気持ち悪い虫だなと子供ながらに思ってました(笑)

続いてはあの敵キャラの意外な設定

 

②トルメキア国のクシャナは実はカッコよくていい奴

kushana

 

映画ではオームの赤ちゃんを痛めつけて囮に使うなど、悪者として描かれていますが、原作では実はこの行為も他の敵対勢力がやったことですし部下思いのカッコよくていい奴です。

国王の娘として生まれた彼女は、決して順風満帆な人生ではなく、自分と母親を殺害しようとした国王や兄に対する復讐のために生きているような人です。

 

そんな復讐の鬼と化しながらも、凄く勇敢で部下たちからの信頼は厚く、彼女自身も非常に部下思いな一面を持っています。

この作品で実は一番人気のキャラといっても過言ではないです。

そしてラストは衝撃の事実

 

③ナウシカや今の人類は実は昔の人達に造られた人造人間

jinzouningen

 

実は彼女たちは昔の人達が造った人造人間だったのです。

時系列順に真相を簡単にサラッと説明すると

昔の人達は高度な文明を持っていたのですが、環境破壊が進みすぎてこのままでは世界が終わると思っていました。

考えた結果、昔の人たちは浄化作用のある腐海やそれを守るオームを造り出し、完全に浄化された未来の世界で生きていく新人類の卵を残し一旦文明を破壊して世界をリセットしてしまいます。

 

その時に使われたのが巨神兵です。

kyoshinhei

 

オームと同じようにコイツも巨大で体長は75mくらいあるんだとか。

 

ちなみに『天空の城ラピュタ』でも似たようなロボットが出てきますが、あれは「ラムダ」という名前で小型ですし全くの別物らしいですよ。

話を戻しますが

この時、腐海やオームだけでなく昔の人達は新人類を卵から復活させる機能を守る奴隷の役割としてナウシカ達、人造人間も造っていました。

ですが前述したようにナウシカ達は完全に浄化された世界では死んでしまいます。

 

全ては、新人類だけが生きられる楽園のための計画だったと知ったナウシカが下す決断とは・・・

 

うーん。。。

なんともヘビーな内容ですね。

 

最終巻でナウシカがとった行動には賛否両論あり、かなりテーマが重いので漫画でわずか7巻ですが結構読み応えがあるので気になった方は是非一度お読みになられてくださいね。

それに映画にも登場してなくて本記事でも紹介してないキャラがかなり出てきます。

ストーリーをあらかた事前に知っていても十分楽しめますよ。

むしろ深すぎて一回読んだだけじゃあ難しくて完全には理解できないかも。。。

在庫切れの時もあるので、今も根強い人気があるみたいですね。

最後に『風の谷のナウシカ』の原作の評判をご紹介させていただきます。

『風の谷のナウシカ』の原作の評判

などなど、ネットで調べると他にも多数の絶賛の声で溢れています。

気になった方は是非読まれてくださいね。

きっと一生モノの本になると思います。

ちなみに余談ですが

2019年の12月には『風の谷のナウシカ』が新橋演舞場で歌舞伎として上演されるみたいですよ。

いったいどんな感じに仕上がるのか想像も出来ませんが、なんでも原作の全てのストーリーを扱うんだとか。

ファンとしては期待したいのですが、ちょっと無謀なんじゃないかなと思ってしまい複雑です(笑)

期待しすぎないくらいに機会があれば観てみようとも思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめのアクション映画
おすすめのサスペンス映画
おすすめのヒューマンドラマ映画
おすすめのファンタジー映画
おすすめの恋愛映画
ジブリ映画