『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』映画‐実話がモデルの仰天ヒューマンドラマ。

キャッチミーイフユーキャン

おすすめのヒューマンドラマ映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のご紹介です。(ネタバレなし)

伝説の詐欺師がモデルの実話の物語!

職業詐称や小切手偽造で世界各地の被害総額250万ドル以上。

世界を騙した男、フランク・アバグネイルの仰天の半生を軽快に描いたストーリー。

作品情報

監督:スティーヴン・スピルバーグ

2003年公開(日本)、上映時間141分

【主なキャスト】

レオナルド・ディカプリオ・・・フランク・アバグネイル

クリストファー・ウォーケン・・・お父さん

ナタリー・バイ・・・お母さん

トム・ハンクス・・・FBI捜査官カール

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』は詐欺師がモデルの実話

 

おすすめのヒューマンドラマ映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』は

1960年代に世界26か国に渡り各地で詐欺を働いた実在する人物、

フランク・アバグネイルがモデルになっています。

 

彼は16歳から21歳までの間、

パイロットや医者など少なくとも8回の身分詐称を行い

当時未成年ながらも周囲の人間を言葉巧みに騙しながら生活し

その一方で銀行の小切手を偽造してリッチな生活をしていました。

当時高校生ながらも家出をして世界で詐欺を働きまくったのですから本当に凄いです。

 

本作では描かれないのですが、

彼はアトランタの連邦拘置所から脱走した際には

受刑者の人権問題を調査するための覆面捜査官のフリをして見事に脱走に成功したそうですよ。

 

ちなみにこちらが彼の若い頃の写真です

 

 

これがこうなって

 

frank-abagnale

 

こうなります

 

 

現在はすっかりおじいちゃんですけど

若い頃はカッコいいイケメンです。

 

本作でレオナルド・ディカプリオが彼の役を演じているのも納得ですね。

 

そしてこの映画のもう一人の主人公として描かれているのが

トム・ハンクス扮する彼を追うFBIの捜査官カール・ハンラティです。

(現実ではジョー・シアという名前です)

 

こちらも実在する人物で、この二人はまるでルパンと銭形警部のような関係で親友になったそうですよ。

 

なんだかんだ言って似た者同士だから気持ちがわかるんだなぁと思える、作中での二人のやり取りも必見です。

少し前置きが長くなってしまいましたが

こちらが本作のあらすじです。

 

あらすじ
世界各地で偽の小切手偽装事件が多発!

FBI捜査官カールが突き止めた犯人はなんとフランクという17歳の少年だった。

パイロット、医者、弁護士など次々に職業を偽って逃げるフランクとそれを追うカール。

まるでルパンと銭形のようで、いつしか二人は妙な関係に。。。

実在する天才詐欺師の半生を巨匠スピルバーグが軽快に描いたストーリー。

 

予告動画です。英語ですが雰囲気は伝わると思います。※音量注意

 

 

個人的な感想を言いますと

数年前に一回目を観た時は

フランクがなんでこんな詐欺をしたのかわからなかったり

彼の父親の気持ちがイマイチわからなかったのですが

改めて観てみると新しい気づきとかもあって

軽快な作風の裏に結構深いものがあるんだなぁと思いました。

 

それと

実話なだけあって詐欺の被害者にとっては憎い存在であるフランク・アバグネイルですが、

本作ではどこか親しみやすいキャラで

憎めない存在になっていて応援したくなってしまいます(笑)

 

上映時間が141分と比較的長いですがテンポも良くて最後まで飽きずに楽しめるのはさすがスピルバーグ監督です。

彼曰く

この作品は「とてもパーソナルな映画」だそうです。

詐欺師と刑事のただの追跡劇ではなくて

2つの傷ついたハートがお互いを見つけあうというストーリーでもあるとのことです。

 

他にも

キャストの面でも、主演の二人が素晴らしいのはもちろんですが

フランクの父親役のクリストファー・ウォーケンも

見事に複雑な親心や心情を演じている点も良かったです!

 

christopher-walken

クリストファー・ウォーケン

 

味のある俳優さんで個人的に結構好きなんです。

ちなみに

この作品は実は宝塚やSOPHIAの松岡充さん主演でミュージカルでも公演されています。

 

こんな感じです

 

 

公演の期間はもう終わってしまいましたが

こんな風に色々な形で再現されるのも名作と呼ばれる理由なのでしょうね。

ちなみに本作の物語中で

フランクはパイロットの制服をなんとかして手にいれて

制服のまま外を歩いていますが海外では制服で外をうろつく人は結構いるみたいですよ。

 

こんな人に特におすすめ

  • 爽やかで軽快な物語を楽しみたい
  • 実話に興味がある
  • ルパンと銭形警部のような関係が好き
  • 嘘をつくクセがある人

 

最後に本作のネット上の評価をご紹介して締めさせていただきます。

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の評価

などなど

他にもネットで調べると

みなさん主演二人の素晴らしさとスピルバーグ監督の凄さを称えてる声が多かったです。

今回、おすすめのヒューマンドラマ映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』をご紹介させていただきましたが、

もし少しでも興味が湧いたら是非ご自身の目で映画をご覧になられてくださいね。

実話だということにビックリしながら楽しめると思いますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめのアクション映画
おすすめのサスペンス映画
おすすめのヒューマンドラマ映画
おすすめのファンタジー映画
おすすめの恋愛映画
ジブリ映画